• TOP
  • 芸能
  • 夏ドラマ、前代未聞のオリジナル作品0 人気脚本家も深夜帯へ

芸能

2019.07.13 07:00  NEWSポストセブン

夏ドラマ、前代未聞のオリジナル作品0 人気脚本家も深夜帯へ

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』は漫画が原作(公式HPより)

 7月にスタートした夏ドラマに異例の事態が起こっている。プライム帯(19~23時)に放送される新作ドラマはすべて原作ありで、オリジナル作品が1つもないのだ。その背景について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 7月7日の『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)を皮切りに、8日は『監察医 朝顔』(フジテレビ系)、9日は『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)、10日は『偽装不倫』(日本テレビ系)、11日は『ルパンの娘』(フジテレビ系)と『サイン ―法医学者 柚木貴志の事件―』(テレビ朝日系)、12日は『Iターン』(テレビ東京系)、13日は『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)と連日、夏ドラマがスタートしています。

 早々からネット上にはさまざまな声が飛び交っていますが、なかでも目立つのは「原作にそっくり!」「原作のイメージと全然違う」「これも原作通りなのかな?」という原作絡みのコメント。決して「一部の原作ファンが騒いでいる」というわけではありません。今夏にプライム帯(19~23時)で放送される全11作の新作ドラマ(シリーズ作の「刑事7人」「警視庁ゼロ係」は除く)は、「すべて原作あり」のため、必然的に原作絡みのコメントが増えてしまうのです。

 漫画原作の『監察医 朝顔』、『Heaven?』、『偽装不倫』、『凪のお暇』(TBS系、19日スタート)。

 小説原作の『ルパンの娘』、『これは経費で落ちません!』(NHK、26日スタート)、『ノーサイド・ゲーム』。

 韓流ドラマ原作の『TWO WEEKS』(フジテレビ系、16日スタート)、『サイン ―法医学者 柚木貴志の事件―』、『ボイス 110緊急指令室』。

 ノンフィクション原作の『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京系、22日スタート)。

 漫画4作、小説3作、韓流3作、ノンフィクション1作とバラけていますが、いずれも原作のある作品であることは変わりません。1970年代から40年以上ドラマを見続けてきましたが、新作のオリジナルドラマがないクールは記憶になく、まさに前代未聞の状況なのです。

 なぜ今夏の新作ドラマは「すべて原作アリ」「オリジナル作ゼロ」という異例の状況になっているのでしょうか?

◆大物脚本家ですらオリジナル作は深夜帯

コメント 2

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス