• TOP
  • ライフ
  • 36歳秘書 キャバクラ勤務の過去がバレて破談した後のひと言

ライフ

2019.07.15 16:00  NEWSポストセブン

36歳秘書 キャバクラ勤務の過去がバレて破談した後のひと言

36歳の美人秘書に、東大卒の彼氏との出会いから破局までを聞いた

 アラフォーにもなると、男女ともに様々な「過去」を抱えているものだ。その過去は、婚活にどう影響するのだろう。あなたに許せない過去はありますか? 婚活女子たちの分岐点をレポートするシリーズ。

 * * *

◆「高学歴の人と結婚したい」の裏に、学歴コンプレックス

 リサさんはIT系企業で秘書として働く36歳。フリーアナウンサーの宇垣美里に似た美女だ。アラフォーに突入し、結婚に焦っているというものの、目下、婚活は休憩中だという。理由は、最近の失恋で、「ちょっと男性不信、いえ、人間不信になっているから……」と目を潤ませる。失恋の経緯を聞いた。

 学生時代からモテてきたらしいリサさんだが、若い頃から、恋愛と結婚は別、と考えてきたという。

「恋愛は楽しければいいのですが、結婚には明確な理想があるんです。私は学歴コンプレックスがあるので、結婚は、絶対に高学歴な人としたいと思ってきました。で、仕事も、年収以上に、会社名で選びたかった。ブランド志向なんですね」

 リサさんは都内の有名女子大を卒業している。だから、学歴コンプレックスという言葉が出てきたときは意外な印象を受けたが、本来は別の大学を志望していたようだ。

「浪人する余裕がうちにはなかったので、世間体のいい女子大に行きました。でも、もっといい大学に行きたかったという気持ちはぬぐえなくて、結婚相手に求めるようになったんです」

 一方、仕事でも結果を出したいとガツガツやってきた。2度の転職を経て、現在の会社に辿り着いている。

「秘書に憧れていました。やっぱり、女らしさが発揮できる仕事だと思うんですね。結婚して、子供も産んで、仕事でもステップアップしたい。それが今の目標です。いくつになっても、女としてキラキラしていたいんですよ。これまでもそうやって生きてきましたから」

 キラキラしたい──そのためにはファッションも美容も手を抜けず、お金がない学生時代、リサさんはキャバクラで働いていた。その水商売の過去が、今回の失恋につながるとは、もちろんその時は知る由もなかった。

コメント 6

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス