芸能

杏と仲間由紀恵はママ友、子育てのため『偽装不倫』時短撮影

時短現場はピリピリ!?

「杏さんと仲間さんがそろうシーンでは、とにかく現場がピリピリムードなんです」。そう漏らすのは、杏(33才)が主演するドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)の制作スタッフだ。

 原作は人気漫画家・東村アキコさんで、杏演じる婚活疲れした独身派遣社員が、ひとり旅に向かう飛行機内で出会った青年に「既婚」と嘘をついてしまい、“偽装不倫”をすることになるというストーリー。杏の相手役の宮沢氷魚(ひお・25才)は「THE BOOM」のボーカル・宮沢和史(53才)の長男で、そのイケメンぶりも話題になっている。

 一方、仲間由紀恵(39才)が演じる杏の姉は、既婚のキャリアウーマンなのに“独身”と偽って年下の男と不倫する。まったく対照的な役柄だけに、2人の間の“ピリピリムード”は気になるところ。いったい何があったのか。

 杏は2016年5月に双子の女児、2017年11月には第3子の男児を出産。今回は産後初、4年ぶりのドラマ復帰となる。仲間も昨年6月に双子の男児出産後初の連ドラ出演だ。

「杏さんのお子さんは保育園に通っていて、お迎えの時間などの関係で夕方までには撮影を終わらせたいと、よく言っています。仲間さんも“1日に1回は必ず自分の手で子供にご飯を食べさせてあげたい”という思いがあり、杏さん同様、朝から深夜までの撮影は極力避ける“時短スケジュール”が組まれています」(別の制作スタッフ)

 ピリピリムードは、2人のための“時短”が理由というわけだ。

「2人は不仲どころか、ママ友なんです。実は仲間さんは自分の子供が生まれる前に杏さんの自宅を訪ねたことがあったそうです。その時、初対面ながら杏さんは子供のあやし方からお風呂の入れ方まで実際に見せてあげたそうで、仲間さんは『年下とは思えないくらい頼りがいがある』と感心しきりだったそうですよ。

 そんな2人がそろって時短撮影を希望して、“共闘”を組んでいるんです。ピリピリというのは、いい緊張感ということです」(前出・制作スタッフ)

 現場は“時短対応”に追われているという。

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン