• TOP
  • 国内
  • 許永中氏の独占告白 今明かされる「かくれんぼ生活」の実態

国内

2019.08.06 11:00  週刊ポスト

許永中氏の独占告白 今明かされる「かくれんぼ生活」の実態

 イトマン事件を巡り、1991年7月に特別背任容疑で逮捕された許氏は、1993年12月、6億円の保釈金を払って保釈される。1997年9月27日、妻の実家の法要を理由に韓国に入国。宿泊先のホテルで倒れ、市内大学病院に入院するが、10月7日、病院から姿を消した。

 1999年11月5日に都内ホテルで身柄を拘束されるまでの2年間は、北朝鮮逃亡説から暴力団による拘束説まで数々の情報がメディアで報じられながら、いまだその間の行動は詳らかになっていない〉

“かくれんぼ”の理由を端的に説明すれば、刑の執行や刑罰を免れるためではなく、「暴力団抗争に巻き込まれ、命の危険性があった」からです。

 保釈中の私を狙っていたのは、関西のある在日の男でした。殺意の突端は、男の嫉妬としかいいようがない。事業でぶつかり、女性関係でもあらぬ疑いをかけてきたこの男は、京都のある極道組織に話を持って行った。その組は超武闘派で知られ、ある有名組長を射殺したことで名が知られていた。在日同士の怨念の中で、私は命を狙われることになったのです。

〈そして許氏は身を隠すことを決意する。1997年10月7日、病院を抜けた許氏が向かった先は、ソウル市内の金浦空港だった〉

 堂々と、自分のパスポートで飛行機に乗り、日本に入国しました。行き先は福岡。チケットは事前に協力者に用意してもらった。日本に帰国した理由は、信頼できる仲間の多くが日本にいたからです。その後は国内線で羽田へと飛び、以降、東京を拠点に、全国各地を放浪するかくれんぼが始まりました。

〈この間、日本各地の温泉宿やホテルを転々としていたという許氏。滞在先は入念に選別した〉

 地下の駐車場から直接上がれる構造のホテルを選んでいました。運動不足の解消に、ホテルのプールではよく泳いだものです。帽子をかぶってゴーグルをつけていると、意外と気づかれない。地方の温泉場ならば、1か所に3~4日間ほど滞在して次の街へと移動していく。ただ、利用者が多い大箱の温泉は行かなかった。知っている連中と出会うかもしれませんから。

関連記事

トピックス