• TOP
  • 国内
  • 色鮮やかな加工肉 発色剤や結着剤に重大な健康リスクあり

国内

2019.08.11 16:00  女性セブン

色鮮やかな加工肉 発色剤や結着剤に重大な健康リスクあり

加工肉の継続的な摂取は控えたい(写真/PIXTA)

 私たちの体は食べた物で作られている。よくも悪くも、毎日の料理に使う食材やレストランでの外食、コンビニで買った総菜やお菓子などがダイレクトに影響するのだ。

 何も知らないまま危険な食事を長期間続けていると、がんや生活習慣病、うつ病などあらゆる重大疾患にかかるリスクがある。

◆色が鮮やかな加工肉は発色剤の相乗毒性でがんに

 ソーセージやハム、ベーコンは朝の食事に欠かせない食材だが、2015年10月に発表された国際がん研究機関(IARC)の調査結果によると、「加工肉を継続して毎日50g摂取すると、大腸がんのリスクが18%高くなる」という。

 一方で、厚生労働省の「国民健康・栄養調査(2013年)」によると、日本人の加工肉の平均摂取量は1日13gと低い。さほど問題がないと感じるが、決してそうではない。消費者問題研究所代表の垣田達哉さんが指摘する。

「“加工肉13g”というのは、ソーセージなら半分から1本、ハムなら2枚の分量です。朝食でハムエッグを食べて、お弁当にソーセージが1本でも入っていたら、すでにオーバーです。日本人の平均摂取量の範囲内でおさまっている人は、実は少ないのではないでしょうか」

 加工肉が危険といわれる理由の1つは、含まれる添加物にある。食品ジャーナリストの郡司和夫さんが言う。

「ハムやソーセージには、発色をよくして、おいしそうに見せるために発色剤として『亜硝酸ナトリウム』が使われていることが多い。亜硝酸ナトリウムは、別の物質と組み合わさると毒性が高まる『相乗毒性』があることがわかっています。人の胃の中や食肉そのものに含まれる『アミン類』という物質と結合すると、『ニトロソ化合物』という強い発がん性物質が生成されるため、欧州では規制しようという動きがあります」

 加工肉の形を整える結着剤である「リン酸塩」も要注意。郡司さんが続ける。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス