• TOP
  • ライフ
  • 【著者に訊け】赤松利市氏 美少女とうんこの長編『純子』

ライフ

2019.08.23 07:00  週刊ポスト

【著者に訊け】赤松利市氏 美少女とうんこの長編『純子』

「同じ人間が書いてますからね。先日も他界した母の里を何十年ぶりに訪ねたら、畔は崩れてるしバスは走ってないし、里自体が空洞化してた。もちろん食うために里を捨てるのは仕方ない。でも里の崩壊を食い止める抵抗勢力も私は片方にあって欲しくて、境目になった昭和30年代を書いたんです。

 例えば浅草に来るアジア人を見てると、明日は必ず良くなると信じた目をしてる。有形無形の搾取構造が人々を分断し、被災者同士でさえ対立させられる手前の時代を、少なくとも私はおもろいなあと思います」

 9月にはLGBTを主題にしたバイオレンス、11月にも新作が刊行予定と、ジャンルを超えた活躍が期待される赤松氏。暴力を描いてもどこか優しく、「所詮糞袋」としての隣人愛に貫かれた偏りのない視線や圧倒的な熱量は、一たび読めば虜になること、請け合いである。

【プロフィール】あかまつ・りいち/1956年香川県生まれ。大学卒業後、某消費者金融に入社、上場業務に関わるなどし、後に独立。ゴルフ場の管理設計を担うコンサル業で成功を収めるが、3.11後、経営破綻。土木作業員や除染作業員を経て上京し、風俗店員等で食い繋ぐ中、昨年『藻屑蟹』で大藪春彦新人賞を受賞しデビュー。以来『鯖』『らんちう』『ボダ子』と話題作を続々発表し、「私は書きたいもんが憑りついてしまうと、寝てても最初の30枚くらいが文章で浮かぶんです」。170cm、85kg、O型。

構成■橋本紀子 撮影■三島正

※週刊ポスト2019年8月30日号

関連記事

トピックス