• TOP
  • 芸能
  • 大原麗子さん闘病時、病室で“2人の夫”が鉢合わせて…

芸能

2019.08.30 07:00  週刊ポスト

大原麗子さん闘病時、病室で“2人の夫”が鉢合わせて…

バーでの愛称は「ビッチ」だった(提供/吉野ママ)

 昭和スターたちが集った六本木の伝説のゲイバー「吉野」。38年間ママを務めた吉野寿雄氏(88)は高倉健との交友でも知られたが、高倉と同じく“孤高”のイメージをまといながら吉野ママと特別な関係を築いたのが、8月3日に没後10年を迎えた女優・大原麗子さんだ。吉野ママが明かす。

 * * *
〈1973年、当時すでにスターとなっていた大原と、デビュー間もない渡瀬恒彦の結婚は「格差婚」と報じられた〉

 渡瀬さんと初めて会ったのは、2人の「結婚祝い」にレストランで食事をした時。そこには高倉健さんも来てたの。渡瀬さんは大先輩の健さんがいるから緊張していたのかしら? ビッチ(大原さんは背が小さかったため“チビ”を逆にした“ビッチ”という愛称で呼ばれていた)の隣に大人しく座っていて、寡黙な人というイメージだったわ。

〈1975年、大原は、後々まで彼女を悩ませる「ギランバレー症候群」(主に筋肉を動かす運動神経に障害が生じ、四肢に力が入らなくなる病気)を発症する。吉野ママと中華料理を食べた後に足が動かなくなって階段を降りられなくなり、ママの勧めで病院に行ったところ、病気が発覚したのだという。大原は治療のため、芸能活動を休止し、入院することになった。そのことが、大原の人生を大きく動かした〉

 森(進一)君から突然電話があって、「麗子のお見舞いに行きたい。よしの、一緒についてきてくれないか」って言うのよ。もう国民的歌手になっていた森君は全国ツアーの真っ最中で、「少し時間が出来たから」って。一緒に病院に向かったのね。

 病室に入ったら、渡瀬さんがいた。寝ないで看病していたのかしら、疲れた様子だった。渡瀬さん、森君と私が来たのを見ると何かを察したのか、そっと出ていったの。

 その後森君が「麗子、大丈夫?」って声をかけて慰めて。「麗子、俺と結婚すれば良かったんだよな」って言ったのよ。今思えばここが2人の“二度目の始まり”だった。

関連記事

トピックス