• TOP
  • 国内
  • 「嫌韓」という病 改めて考えるメリットとデメリット

国内

2019.09.07 16:00  NEWSポストセブン

「嫌韓」という病 改めて考えるメリットとデメリット

日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典に出席した文在寅大統領(AFP=時事)

 世の中の「分断」が進んでいると言われる。時には冷静かつ客観的な分析も必要だろう。コラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。

 * * *
 口角泡を飛ばして主張なさっている方々も、今の日本のこういう嫌な雰囲気を良しとしているんでしょうか。「さすが日本、たいしたもんだ」と思っているのでしょうか。あるいは、目先の快感の追求に忙しくて何も見えていないのでしょうか。

 お気づきのとおり、いつの間にか日本には「嫌韓」という恥ずかしい病が広まってしまいました。なかでも「右でも左でもない普通の日本人」を自称しているような人が、とくに罹りやすいようです。この病のウイルスはかなり強力で、いったん罹ってしまうと簡単には治りません。本人は自分が病んでいる自覚がないので、ウイルスを巻き散らかして周囲を巻き込んだり、悪化して後戻りできない状態になったりします。

 罹りやすいタイプの人は読解力に難がある傾向も見受けられるので、念入りに申し上げます。病だと申し上げたいのは、隣りの国に対して憎悪を募らせ、悪口を言わずにいられない「嫌韓」という行為です。病に罹っている方の中で、早とちりして喜んだ人がいたとしたら、赤っ恥をかかせてすいません。

 ウイルスの影響を受けるのは、個人だけではなくメディアも同じ。主義主張や節度のようなものはいったん横に置いて、そういう人が喜びそうな記事や番組を作ればウケるかもという誘惑に、ついつい負けてしまいます。なんとも恐ろしいことです。

「嫌韓」という病がいかに厄介でいかに残念か、すでに罹っている人にはピンと来ないかもしれません。それを考えるために、まずは「嫌韓」に染まったりそういう発言を繰り返したりすることでどんな「メリット」があるのか、あえて着目してみましょう。

●「嫌韓」という病に罹ってしまうことによる5つの「メリット」

その1「どんなにダメな自分でも『みんなが言っているから』という虎の威を借りて、とりあえず『強い自分』になった気になれる」
その2「相手の側に非がある前提で非難することで、自分がやっていることの醜さから目をそらしつつ攻撃欲を満たすことができる」
その3「ネットを見渡せば、『嫌韓』を肯定してくれる手前味噌で薄っぺらい言説が蔓延しているので、安心感や連帯感が得られる」
その4「結局は何らかの意図で流された情報に踊らされているだけなのに、『自分は無知な愚民どもとは違う』と選民意識を抱ける」
その5「身近な国や民族をとことん悪く言うことで、自分や日本の体たらくから目をそらして、かりそめの自信を持つことができる」

 ああ、なんてタチが悪いんでしょう。人はそもそも弱い生き物だし、ここ数十年の日本は自信も経済力も未来への希望もすっかりなくなって、ウイルスが蔓延する条件がそろっていたのかもしれません。それにしても、こんなわかりやすい病にまんまと罹って、こんな恥ずかしい「メリット」に溺れてしまう人が多いのは、じつに情けないことです。

関連記事

トピックス