• TOP
  • スポーツ
  • 阪神・鳥谷とメッセンジャー、引き際めぐり待遇格差のワケ

スポーツ

2019.09.20 07:00  週刊ポスト

阪神・鳥谷とメッセンジャー、引き際めぐり待遇格差のワケ

鳥谷は現役続行を希望している(写真/時事通信フォト)

 少数精鋭のプロ野球選手のなかでも、「引き際を自分で決められる選手」は一握りだ。今年は、阪神・鳥谷敬(38)や中日・松坂大輔(39)など、一時代を築いた選手たちが進退を迫られている。

「鳥谷ほどの功労者がこんな“冷遇”でええのんか」

 熱心な虎党からは、そんな声も聞こえてくる。谷本修・球団本部長が「タイガースのスターとして現役生活を終えてもらえないか」と事実上の“引退勧告”を通達。現役続行を希望する鳥谷は、ロッテ、中日など他球団への移籍も取り沙汰されている。

 阪神の元球団社長・野崎勝義氏はこう語る。

「鳥谷君を含むベテランは“まだやれる”と思っていますが、70人の登録枠や若手の育成など、球団の構想で押し出される選手はどうしても出てくる。プロの世界ですから、そうした側面は仕方ない。

 もし鳥谷君が移籍して現役を続ければ、功労者でありながら球団とは少し距離ができてしまうでしょうね。

 本来なら引退試合を用意したうえでコーチ打診などをするのが筋ですが、他球団で現役を続ける選手にはそれができない。鳥谷君は功労者としての待遇にふさわしい選手なのですが……」

関連記事

トピックス