• TOP
  • 国内
  • 勝間和代氏が破局 パートナーの二股と勝負下着、関係者告白

国内

2019.11.14 07:00  女性セブン

勝間和代氏が破局 パートナーの二股と勝負下着、関係者告白

悲痛の破局を告白した勝間さん

《本当に悲しいです。まだ、ひろこさんが家を出て数日ですが、別れを思うと、いつでも涙が出てきて止まりません》

 11月11日、経済評論家の勝間和代さん(50才)が自身のブログでパートナーとの破局を明かした。

 突然の告白に世間は驚いた。本誌・女性セブンは勝間さんに取材を打診したが、あまりにショックが大きく、話せる状態ではないという。そこで本人に代わって勝間さんの事務所代表で経済評論家の上念司さんが、破局の真相について語った。

「勝間は、浮気され、二股をかけられていたのかもしれません。今、彼女はひどく打ちひしがれている状態なんです」

 勝間さんから一部始終を聞いたという上念さんの声は、怒気を含んでいた──。

 勝間さんのパートナーとは、2018年5月に交際を公表したLGBT活動家で会社経営者の女性、増原裕子さん(ますはらひろこ・41才)だ。増原さんはレズビアンであることを告白し、2013年3月には元タカラジェンヌの東小雪さん(ひがしこゆき・34才)と、東京ディズニーシーで同性結婚式を挙げたことでも世間の注目を浴びていた。

 勝間さんと増原さんは慶應義塾女子高校の先輩・後輩で、2016年初旬に共通の友人の紹介で出会った。当時はまだLGBTについて詳しくなかった勝間さんだったが、増原さんに誘われてイベントなどに参加するうちにLGBTへの理解を深め、同時に増原さんに対する“恋愛感情”を自覚するようになっていったという。

 勝間さんには2度、男性との結婚・離婚歴がある。慶應義塾大学在学時に21才で長女を産み、その後、25才で次女、30才で三女を出産。2018年6月、増原さんとともに本誌の取材に応じた時には、高校生の時に同性に恋愛感情を持っていたものの、その思いにフタをして50才まで過ごしたと言い、自分では「パンセクシュアル(全性愛)」というカテゴリーが近いのではないかとも語っていた。

 2017年12月に増原さんが東さんとのパートナーシップを解消したのを受け、2018年1月に勝間さんの方から告白。勝間さんの自宅で同棲生活をスタートさせたという。

 その年の5月、勝間さんは自身がLGBTであることを公表し、増原さんとの交際を報告。以降、SNSを通じて順調な交際ぶりを報告してきた。

関連記事

トピックス