• TOP
  • スポーツ
  • 杉下茂氏(94)ほか、巨人軍OB15人が語る「俺の再建私案」

スポーツ

2019.11.15 07:00  週刊ポスト

杉下茂氏(94)ほか、巨人軍OB15人が語る「俺の再建私案」

来季は日本シリーズ4連敗の屈辱を晴らせるか(時事通信フォト)

 5年ぶりのリーグ優勝を果たすも日本シリーズでは無残な4連敗に終わった原巨人。「かつての巨人軍にあった底力が感じられない」と嘆くのは、錚々たる巨人軍OBたちも同じ。おのおのの「再建私案」を15人分紹介しよう。

●杉下茂氏(94):投手陣のコントロールが悪い。投げた後の腕・足の位置を確認しながら、投球フォームを固めることが大切だ。

●広岡達朗氏(87):日本シリーズの4タテは監督、コーチの責任。DHなどの制度変更を求める前に、野球を勉強しなさい。

●森祇晶氏(82):とくに短期決戦では誰がマスクをかぶろうと同じ。首脳陣が相手の分析をきちんとすべき。

●中村稔氏(81):OBの意見に耳を傾けるべき。球場内でOBが入れないエリアが増え、選手に修正点を伝える機会を逃している。

●黒江透修氏(80):守備の基本をたたき込み、ミスを減らしたい。セカンドやサードを中心に、ポジションを固定したほうが良い。

●城之内邦雄氏(79):投手陣を中心に、走り込みが足りない。下半身を使った投球フォームを覚えれば、肩・肘のケガも減らせる。

●広野功氏(76):監督、コーチがもっと目を光らせるべき。選手の不調時に、異変に気づいて指摘しなければいけない。

●柴田勲氏(75):機動力は上がってきているが、代走のスペシャリストを育成すれば、もっと有利な試合運びが可能になる。

●上田武司氏(73):守備のミスは経験不足から起こる。若手はユーティリティとしてではなく、まずはポジションを決めて育成すべき。

関連記事

トピックス