• TOP
  • 芸能
  • 2118人が新聞広告で「令和もSMAPファン」宣言、その熱き思い

芸能

2019.11.17 07:00  NEWSポストセブン

2118人が新聞広告で「令和もSMAPファン」宣言、その熱き思い

SMAPファンの有志はツイッターで新聞広告掲載を告知(「みんなで伝えよう」有志【公式】ツイッターより)

 SMAPは結成が1988年、CDデビューが1991年、そして解散が2016年末。昭和に誕生し、平成を駆け抜けてきた。時代は「令和」に変わったが、令和になってもSMAPのファンは応援メッセージを送り続けている。

 ファンによって思いは異なるだろう。今でもSMAPをただただ応援したい人もいれば、ジャニーズ事務所を脱所した「新しい地図」(稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛)の3人を応援する人や、残った中居正広、木村拓哉のますますの活躍を願う人、そして再結成を願う人もいる。思いは様々だが、令和になってもSMAPのファンであることを伝えたい人が世界中に存在する。

 SMAPについては、解散発表後からファンがネット上で連帯し、様々な動きを見せてきた。発端はCDデビュー25周年となる2016年9月9日の前に遡る(詳細は後述)が、2019年11月18日の朝、SMAPファンがクラウドファンディングで集めた資金を基にした新聞広告が一斉に登場する。

 9月20日までクラウドファンディングのプラットフォーム「MOTION GALLERY」には『みんなで伝えよう!新聞広告でSNSで「令和もSMAPファン」宣言!』が立ち上がり、400万円の調達目標に対し、2118人から1277万3000円が集まった。クラウドファンディングでは以下のように呼びかけられた。

〈新聞で「わたしたちはSMAPファンです」と宣言します 新聞広告掲載が目標です〉

〈令和になってもSMAPファンは変わらず存在していると広く伝えたい!実現したいことはこれだけです〉

 この意図と発足の経緯について、「発起人」はこう語る。

「平成を振り返る報道などで久々に『SMAP』が取り上げられた半面、新しい時代になると、“なかった”かのように露出がなくなるのでは、という懸念がありました。時代は変わっても、令和になっても、SMAPファンは変わらず存在し続けることをカタチにしたい、自分たちなりのファンの在り方を知ってもらいたい、という想いが強まり、仕事も家庭も抱え、また国内外に点在する有志5人で一念発起しました。ただクラウドファンディングも広告も素人だけにすべて手探りで始め、プロでなくともデザインソフトを使いこなせるファンも勧誘し、メンバーは6人になりました」

関連記事

トピックス