• TOP
  • 国内
  • 校則全廃中学、「スマホ解禁」への批判は外部からきた

国内

2019.11.19 16:00  女性セブン

校則全廃中学、「スマホ解禁」への批判は外部からきた

1日1回は校内を回るのが校長・西郷さんの日課。生徒の些細な変化にも気づきやすくなるという

 東京都世田谷区立桜丘中学校では、校則の全廃による服装や髪形の自由化のほか、チャイムは鳴らず、何時に登校してもいい。今年度から定期テストも廃止され、代わりに10点ないし20点の小テストを積み重ねる形式に切り替えられた。スマートフォン(スマホ)やタブレットの持ち込みが許可され、授業中も教室外での自習が認められている──これら画期的な学校改革は大きな注目を集め、新聞や雑誌、テレビでも取り上げられてきた。

 校長の西郷孝彦さん(65才)の初となる著書『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール』には「子育ての参考になった」「こんな先生に教わっていたら、人生が変わっていたかもしれない」などと、大きな反響が寄せられている。

◆外部からのスマホ解禁への非難

 識字障害のある生徒への配慮から、段階を経てスマホやタブレットの持ち込みを解禁し、2018年に全面解禁したが、それについての批判的な意見は、おもに保護者以外の外部の大人から寄せられることが多い。「ネットでトラブルを起こすのではないか」「授業そっちのけでゲームに夢中になる」というのが、意見の大半だ。実際はどうなのだろうか。

「学校がスマホの持ち込みを禁止していた当時、“禁止しているのだから子どもはスマホを使っていない”というのが建前で、スマホで問題を起こすのは、“持たせる家庭の問題”という考えでした。つまり学校側は積極的にSNSやネットが招く危険を、生徒に教えようとしなかったのです」

 しかし実際には、解禁前から多くの生徒がスマホやタブレットを持っており、うっかり個人情報をネット上でさらしてしまったり、LINEグループで悪口を言い合って、いじめに発展することもあった。

「トラブルのほとんどは、知識不足からくるもの。ですから、スマホを解禁すると同時に専門家を呼び、毎年ネットリテラシー講座を開き、SNSを扱う上での注意点などを話してもらいました。すると生徒らはスマホを慎重に扱うようになっていき、トラブルもなくなっていきました」

月に1度、100円の食事付きで夜の勉強教室を行う。共働きの家庭が多く、ひとりで食事する子どもが多い時代、クラスや学年関係なく、テーブルを囲めるのが楽しいという声も

関連記事

トピックス