• TOP
  • 芸能
  • 沢尻エリカ 「彼女は太ることを怖がっていた」知人証言

芸能

2019.11.20 16:00  NEWSポストセブン

沢尻エリカ 「彼女は太ることを怖がっていた」知人証言

10年以上前から使用していたと供述した沢尻エリカ容疑者(時事通信フォト)

 違法薬物のMDMAを所持していたとして警視庁に逮捕された、女優の沢尻エリカ容疑者(33)。出演していた企業数社のCMの放送中止などのほか、出演が決まっていた来年のNHK大河ドラマも、代役による撮り直しが報じられている。そんな沢尻容疑者について、「彼女は太ることをとても怖がっていた」という証言を得た。

 振り返れば、沢尻容疑者の芸能生活は波乱万丈そのものだった。小学6年生でモデルデビューの後、10代後半からドラマや映画に活動の舞台を移した沢尻容疑者。出世作となった映画『パッチギ!』(2005年公開)では在日コリアンの女子高生ヒロインを好演し、日本アカデミー賞新人俳優賞やキネマ旬報ベスト・テン新人女優賞などを多数受賞した。

 当時、スクリーンで20歳前の沢尻容疑者が演じたのは、チマチョゴリや三つ編み姿がよく似合う可憐な美少女だった。その面立ちは年頃にふさわしい丸みを帯びた印象で、その後のほっそりとクールな姿と見比べると隔世の感がある。

 沢尻容疑者は取り調べに対し、「10年以上前から大麻やMDMA、LSD、コカインを使用していました。有名人が薬物で逮捕されるたび私も危ないと注意していました」と供述したという。違法薬物を使用し始めた「10年以上前」といえば、疑惑を報じた報道も過去にはあった。

 沢尻容疑者には、2009年9月末付で当時の所属事務所を“解雇”された過去がある。当時、事務所側はその理由を明らかにしなかったが、その後、一部週刊誌が「解雇は大麻使用が理由だった」と報じたのだ(2012年5月)。

 さらに今回、興味深い証言をキャッチした。当時の沢尻容疑者をよく知る人物が語る。

「エリカさんとは、2009年に結婚した元夫と別居し始めた頃からの縁です。当時から印象的だったのは、『太りたくない』『痩せていたい』としきりに話していたこと。エリカさんは当時も今も、スタイル抜群。けどその口ぶりは、まるで将来自分が太るのは決まっていて、その運命をこわがっているかのように感じました。いま考えると、薬物を続けていた理由はそんなところにもあったのかもしれない」

 そんな沢尻容疑者の“不安”の裏には、アルジェリア系フランス人の母・リラさんのことがあったという。

関連記事

トピックス