• TOP
  • 芸能
  • 2000年代流行語 中津江村、テツandトモ…当事者たちの今

芸能

2019.12.02 16:00  週刊ポスト

2000年代流行語 中津江村、テツandトモ…当事者たちの今

森首相の「イット革命」という発言も話題に(写真/共同通信社)

 1年の間に発生した出来事にまつわる話題の言葉を選ぶ「ユーキャン新語・流行語大賞」。2000年代の主な「年間大賞」を振り返りながら、その当事者たちの現在を追いかけた──。

■2000年

【IT革命】

 IT分野の成長を、経済発展や社会組織の構造変革につなげようとする「IT革命」が流行語に。森喜朗首相(当時)が「イット革命」と誤読したことでも話題になった。授賞式にはITで商店街活性化に取り組む高校3年の男子生徒が出席。

■2001年

【米百俵/聖域なき改革/恐れず怯まず捉われず/骨太の方針/ワイドショー内閣/改革の「痛み」】

ワンフレーズで有権者のハートを掴んだ(写真/AFLO)

「自民党をぶっ壊す」「痛みに耐えてよく頑張った。感動した!」など、ワンフレーズのメッセージを得意とした小泉純一郎氏。印象に深く残った名(迷)言は数知れず、そのDNAは息子の進次郎氏にも受け継がれているようだ。

関連記事

トピックス