• TOP
  • 芸能
  • 放送開始延期の『麒麟がくる』、川口春奈が握る起死回生の策

芸能

2019.12.04 07:00  週刊ポスト

放送開始延期の『麒麟がくる』、川口春奈が握る起死回生の策

緊急登板をドラマティックに演出(時事通信フォト)

 沢尻エリカ(33)の麻薬取締法違反による逮捕で一番“とばっちり”を受けたのが来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』だ。急遽、代役に川口春奈(24)を抜擢し、さらに放送開始日を2週間延期するというドタバタ劇に見舞われた。

 放送開始日の変更は、1963年に始まった大河史上初めてで、撮影現場は混乱が続いている。大河ドラマ関係者が明かす。

「川口さんが演じる濃姫の衣装は、沢尻さんの体型にピッタリ合わせて、彼女の妖艶さが引き立つように作られている。そのまま使うのは無理で、着物の直しやカツラの再発注に追われています。ドラマ全体の世界観を崩さず川口さんの魅力を引き出す衣装を用意するには、延期せざるをえなかった。“先延ばしになったぶん、2話少なくなるのか”“どこで帳尻を合わせるのか”などと現場はパニックになっています」

 さらに関係者の頭を悩ませているのが視聴率の問題だという。

「現在放送中の『いだてん~東京オリムピック噺~』は、放送開始1か月から視聴率1ケタ台が続き、10月13日には史上最低を更新する視聴率3.7%まで落ち込んだ。前作の視聴率が高いと続けて新しい大河を見てくれる視聴者も多いが、『いだてん』ほど不調だと“弾み”が期待できそうにない」(同前)

 だが、現場の混乱を尻目に「上層部はしたたかに“起死回生策”を考えている」と言うのは、別のNHK局員だ。

「一部の上層部は『落ちるところまで落ちたから、この騒動を逆手に取ろう』と息巻いています。代役に挑む川口さんを“苦境に立ち向かうヒロイン”に仕立て上げて広告塔にしようと考えているようです。撮影のために時代劇の所作を学んだり、徹夜でセリフを覚えたり、代役として健気に頑張る姿を宣伝番組で小出しにしていくことで、注目度を高めたい方針のようで、“したたかなNHK”の姿勢が垣間見えると思いますよ」

 災い転じて福となすか?

※週刊ポスト2019年12月13日号

関連記事

トピックス