ライフ

『ルパンの娘』の横関大が描く疾走感あふれる新作ミステリー

『ルパンの娘』の作者・横関大さんの新刊は息もつかせぬミステリー(撮影/浅野剛)

【著者に聞け】横関大/『彼女たちの犯罪』/幻冬舎/1500円

【本の内容】
 医者の妻で義父母と同居する神野由香里。夫の浮気と不妊に悩んでいたが、ある日、失踪、海で遺体として発見される。自殺なのか、他殺なのか。原因は夫の浮気にあるのか、犯人は夫なのか。一方、キャリアウーマンで仕事には恵まれているが、結婚願望の強い日村繭美は、“どうしても会いたくなかった男”に再会。しかし、その男と付き合い始めることになり、結婚も夢みる。そこに繭美の友人や大学の後輩などさまざまな「彼女」たちの人生が錯綜し、女たちの企みや嘘、罠が見え隠れするのだが、最後の最後までどんでん返しにつぐどんでん返しで、予断を許さない。

 物語の冒頭、静岡県内の海で発見された女性の遺体のニュースが記される。警察は状況からみて自殺とほぼ断定する。

 続いて医者の夫を持ち、姑に従順な専業主婦のこの女性、神野由香里の生前が描かれるが、彼女はなぜ自殺したのか。それとも…。

 由香里のほかには、自由気ままに生きる元教師、やりがいある仕事を持ちながら、強い結婚願望に揺れ動くキャリアウーマンとその友人、冷徹で地味な刑事など、30代の女たちの日常が重層的に描かれる。こんな「彼女たちの犯罪」が、いつ、どんな動機でなされるのか。早く結末を知りたい。でも、一気に読んでしまうのは惜しい。

「2017年刊行の『仮面の君に告ぐ』のラストのどんでん返しで、大きく裏切る展開にしたのですが、編集者から、もっと最初からどろどろした女性の“何か”を描いては、というオファーで書き出した小説です」

 何かとは、女の性であり、避けて通れない問題。不妊、不倫、結婚願望、セクハラ、パワハラ…これらに読者も翻弄され続けるのだが、それを狙いとして、「犯人は誰というざっくりした結末を決めて、あとはゆるめな設計図で書き進めました」という。

 この設計図の下敷きにあったのが、作者のこんな分析だ。

「男の犯罪は名誉とか金、地位をめぐって起こることが多いと思うんですけど、女性の場合は自分のことが動機になっているのでは、という印象があるんです。それだけエゴイスティックというのか」

 殺人は起こるけど、絶対的なワルもズルい人間もいない。男を糾弾する物語でもない。同時に誰の味方をする作者でもない。だから、ますます犯人の見当がつかない。

 ところで、「彼女たち」の中で、作家自身が好きなタイプは?

「キャリアウーマンの日村繭美ですかね。でも、ぼくとは合わないと思います。気が強そうで衝突しそう(笑い)」

 怖い女たちを描く作家の素顔は、優しく、礼儀正しい。

「江戸川乱歩賞を受賞したときから、ミステリーを書き続けると決めました。驚かせることも泣かせることも笑わせることも、いちばんいろいろなことができるジャンルがミステリーだからです。これからもこの思いは変わりません」

◆取材・構成/由井りょう子

※女性セブン2020年1月1日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン