• TOP
  • 国際情報
  • 安倍首相の訪朝、賛成か反対か 蓮池透氏と島田洋一氏の意見

国際情報

2020.01.11 07:00  週刊ポスト

安倍首相の訪朝、賛成か反対か 蓮池透氏と島田洋一氏の意見

2020年のキーマンはこの人?(写真/AFP=時事)

 2020年の日本には国論を二分する論争があるが、その一つが安倍首相の訪朝に「賛成」か「反対」か?──というものだ。ここでは「賛成」「反対」の立場の2人の識者の意見を紹介しよう。

【賛成】
●蓮池透氏(「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」元副代表)

蓮池透氏は早期訪朝を訴える(時事通信フォト)

 首相の訪朝は急がねばなりません。トランプ大統領がいつ北朝鮮に興味を失うか、金正恩が敵対的な姿勢に戻るか分からない。

 ただし、2つの条件があります。1つめは、生存情報を示した上での交渉です。内閣官房の拉致問題対策本部の予算を見ると、安否情報及びその関連情報の収集・分析等の名目で2013~2018年度の合計で52億3400万円計上されています。それほど予算を使って安否情報を集めていたのだから、当然日本政府は拉致被害者の生存情報を持っているはず。

 もう一つは、そもそも金正日は戦後賠償が欲しくて(2002年に)小泉訪朝を認めたのでしょうから、今回も賠償メニューを用意しなければならない。

 これらを満たしたうえであれば、安倍首相には早期の訪朝でトップ会談を実現させてほしいものです。

関連記事

トピックス