国内

武漢チャーター機で考察 自衛隊「邦人救出」の態勢を整えよ

中国・武漢市から日本人を乗せて帰国した政府のチャーター機(時事通信フォト)

 新型肺炎の脅威から現地の日本人を救ったチャーター機。しかし、深層にひそむ問題は大きい。作家・ジャーナリストの門田隆将氏が指摘する。

 * * *
「本当に飛んできてくれた。感謝しかなかった」──NHKニュースで紹介された武漢からの救出日本人の言葉が印象的だった。私は、これで日本も“普通の国”の仲間入りをできるのか、と考えた。それほど今回の出来事は、日本の邦人救出史に新たなページを刻むものだった。

 いうまでもなく国家にとって国民の命ほど重要なものはない。国民の「生命」、「財産」、そして「領土」を守れない国家に存在意義などないからだ。しかし、戦後日本はこの最も大切なものを守ることを「放棄」し、他国に「委ね」て存続してきた。「自国民の命さえ救えない」実に情けない国が日本なのである。

 今回の武漢からの邦人救出は、政府が国民の声に揺り動かされ、実行された。中国の影響力の強いWHO(世界保健機関)は、新型肺炎の実態を過小評価してきたが、その判断に従っていた日本の対策が「後手にまわった」のは、当然だろう。

 だが、外国の動きは素早かった。さすがに中国人を即座に「全面入国禁止」にした北朝鮮には驚かされたが、米国もいち早くCDC(疾病対策センター)を投入し、武漢からの航空便の乗客をそのまま別室に通して検査をおこなう水際作戦を採った。また、フィリピンは中国旅客機そのものを追い返し、台湾は団体客の往来を全面禁止にした。それぞれの国で独自に素早い動きを見せたのである。

 一方の日本はどうか。なんと武漢からの航空機内で体調に関する「質問票」を配布するという“対策”しか採らなかった。自己申告、つまり乗客の「良心に頼る」という危機意識ゼロの方針だったのだ。のちに彼らは搭乗前に解熱剤を服用して体温を下げ、サーモグラフィをすり抜けたことがさまざまな証言で明らかになった。そんな中で武漢からのツアー客を乗せた奈良の観光バスの運転手とツアーガイドが新型肺炎に罹患するという事態が起こった。

 日本のお粗末な“水際対策”は、今後「人災」として国民への惨禍と繋がっていく可能性がある。しかし、強い世論に押される形で、1月29日、安倍政権は全日空のチャーター機を武漢へ飛ばし、助けを待つ邦人を帰還させた。実際に飛んでくる機影を視界に捉えた救出を待つ邦人が「本当に飛んできてくれた。感謝しかなかった」と冒頭の言葉を発したのは当然だろう。

関連記事

トピックス

慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人 オフの戦力補強はまた大物外国人頼み?「これでは来季も優勝争いに絡めない」の指摘
NEWSポストセブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
かつてはバイト掛け持ちの苦労人で『ひよっこ』のヒットもあり大人気の有村架純
有村架純は“悪妻”をどう演じるか 『どうする家康』での注目ポイントを時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン