• TOP
  • 国内
  • 武漢チャーター機で考察 自衛隊「邦人救出」の態勢を整えよ

国内

2020.01.31 07:00  NEWSポストセブン

武漢チャーター機で考察 自衛隊「邦人救出」の態勢を整えよ

中国・武漢市から日本人を乗せて帰国した政府のチャーター機(時事通信フォト)

 新型肺炎の脅威から現地の日本人を救ったチャーター機。しかし、深層にひそむ問題は大きい。作家・ジャーナリストの門田隆将氏が指摘する。

 * * *
「本当に飛んできてくれた。感謝しかなかった」──NHKニュースで紹介された武漢からの救出日本人の言葉が印象的だった。私は、これで日本も“普通の国”の仲間入りをできるのか、と考えた。それほど今回の出来事は、日本の邦人救出史に新たなページを刻むものだった。

 いうまでもなく国家にとって国民の命ほど重要なものはない。国民の「生命」、「財産」、そして「領土」を守れない国家に存在意義などないからだ。しかし、戦後日本はこの最も大切なものを守ることを「放棄」し、他国に「委ね」て存続してきた。「自国民の命さえ救えない」実に情けない国が日本なのである。

 今回の武漢からの邦人救出は、政府が国民の声に揺り動かされ、実行された。中国の影響力の強いWHO(世界保健機関)は、新型肺炎の実態を過小評価してきたが、その判断に従っていた日本の対策が「後手にまわった」のは、当然だろう。

 だが、外国の動きは素早かった。さすがに中国人を即座に「全面入国禁止」にした北朝鮮には驚かされたが、米国もいち早くCDC(疾病対策センター)を投入し、武漢からの航空便の乗客をそのまま別室に通して検査をおこなう水際作戦を採った。また、フィリピンは中国旅客機そのものを追い返し、台湾は団体客の往来を全面禁止にした。それぞれの国で独自に素早い動きを見せたのである。

 一方の日本はどうか。なんと武漢からの航空機内で体調に関する「質問票」を配布するという“対策”しか採らなかった。自己申告、つまり乗客の「良心に頼る」という危機意識ゼロの方針だったのだ。のちに彼らは搭乗前に解熱剤を服用して体温を下げ、サーモグラフィをすり抜けたことがさまざまな証言で明らかになった。そんな中で武漢からのツアー客を乗せた奈良の観光バスの運転手とツアーガイドが新型肺炎に罹患するという事態が起こった。

 日本のお粗末な“水際対策”は、今後「人災」として国民への惨禍と繋がっていく可能性がある。しかし、強い世論に押される形で、1月29日、安倍政権は全日空のチャーター機を武漢へ飛ばし、助けを待つ邦人を帰還させた。実際に飛んでくる機影を視界に捉えた救出を待つ邦人が「本当に飛んできてくれた。感謝しかなかった」と冒頭の言葉を発したのは当然だろう。

関連記事

トピックス