• TOP
  • 芸能
  • KinKi Kidsの関係性の変化と中居正広が彼らに抱く感情

芸能

2020.02.08 16:00  女性セブン

KinKi Kidsの関係性の変化と中居正広が彼らに抱く感情

ゲネプロを終えて帰宅する光一

 2017回──単独主演による舞台公演の国内最多記録数である。故・森光子さん(享年92)が『放浪記』で打ち立てた金字塔だ。今、その記録を塗り替えようとしているのが、KinKi Kidsの堂本光一(41才)である。 2月3日、光一が主演・演出を務めるミュージカル『Endless SHOCK 20th Anniversary』(以下、SHOCK)のゲネプロが公開された。

 今回は第1回から20周年という記念すべきものである。それと同時に、昨年7月にジャニー喜多川氏(享年87)が亡くなってから、初めての帝国劇場での公演だ。

 ミュージカルの聖地として帝国劇場に強い思い入れを持っていたジャニー氏。その愛弟子である光一にとってもより一層気合いが入る公演となるだろう。

◆おれにとってKinKi Kidsは初めての後輩

 SHOCKの準備を進めていた同時期に、光一の頭の中にはKinKi Kidsと堂本剛(40才)のことがあった。

 2017年6月、剛が突発性難聴を発症し、距離が生まれたとファンの間でいわれ続けてきた。昨年秋には解散説が流れた。

「昨年10月、ファン向けの会報誌に、剛さんの赤裸々な言葉が載りました。“自分のやりたいことができる人生を歩んではこなかった”“客観的に自分を見た時、かわいそうだなって”“ジャニーズだからっていうような概念は第三者が勝手に提供してくれるもの”などと、これまでの活動を否定するような言葉の数々にファンは衝撃を受けた。“まさか解散?”という声が出ました」(40才ファン)

 実際、『婦人公論』(2月10日号)で光一はこんな話を初めて打ち明けている。

関連記事

トピックス