• TOP
  • スポーツ
  • 野村克也氏「サッチーのように楽に逝きたい」と語っていた

スポーツ

2020.02.11 16:00  NEWSポストセブン

野村克也氏「サッチーのように楽に逝きたい」と語っていた

50年近く隣にいた人が突然いなくなった心境を問うと、「心にぽっかり穴が空いたままなんだよ…」とぽつり

 野球解説者の野村克也氏が2月11日、84歳で亡くなった。現役時代は名捕手として南海などで活躍し、引退後もヤクルト、阪神、楽天などの監督を歴任し、歴代5位の1565勝を挙げた。プライベートでは愛妻家としても知られた野村氏だが、2017年12月に45年連れ添った“サッチー”こと沙知代夫人に先立たれた。その直後の本誌・週刊ポストのインタビューでは、「男って弱いわ。いるとうるさいと思うけど……ほんと、男って勝手だよ。先に逝かれると不便で仕方がない。やっぱり男は先に逝ったほうがいいよ」とボヤいていた(2018年2月2日号)。

 取材では、野球解説の時と違って、弱音が口を突いて出た。沙知代夫人がいないことを実感する瞬間について尋ねると、こう話していた。

「そうだね、家に帰って来た時かな。誰もいない家に帰っていくというのは寂しいもんだね。特に冬だから家の中が冷え切っている。それがものすごく堪える。だから、外出する時は家の中の電気を灯けたままにする。帰ったときに真っ暗だと寂しいから……」

 ただ、「男おひとりさま」となってからの日々の暮らしの中でも、沙知代夫人に感謝の思いを抱くことがあったという。息子である克則氏の一家が同じ敷地内に住んでいることについて、こんなふうに語っていた。

「裏に克則が住んでいるから安心だよね。結果としてよかったよ。もともとは広い庭を眺めながら悠々自適に老後を過ごそうと思っていたのに、克則が敷地内に家を建てたいと言い出した。そりゃ都心で家を建てるのは大変だからね。

 オレは反対だったんだけど、奥さんは子供が可愛いいから“いいわよ”と二つ返事。玄関は別の通りに面しているが、庭でつながっているから、“おーい”と呼ぶと横切って徒歩1分だよ。最高だよ。うちの奥さんはすべて考えていたんでしょう。

 ただ、食事はひとりが多いよ。朝昼兼用のブランチは克則の嫁が運んでくれるけど、夜まで厄介になるわけにはいかないから、ひとり寂しく出てきて、ひとりで寂しく食べている。毎日一人です。ま、5回に1回ぐらいは克則の家族と食べるかな。毎日というわけにはいかないよ」

関連記事

トピックス