• TOP
  • ビジネス
  • マスクで商談・謝罪はアリか 「今はしないと嫌な顔される」

ビジネス

2020.02.28 07:00  週刊ポスト

マスクで商談・謝罪はアリか 「今はしないと嫌な顔される」

今やマスクは必須アイテム(時事通信フォト)

 福岡市内の地下鉄で「マスクをせずに咳をしている人がいる」と非常通報ボタンが押され、列車の運行が遅れたのは、2月18日のこと。

〈過剰反応すぎる〉
〈時期が時期だけに怖い〉

 など、ネット上で賛否が溢れるなか、2月20日には工藤静香がSNSで、〈人混みの中でカバーもせずマスクもせず咳をしている方々、こんな状況ですから、少し考えていただきたい〉と投稿。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、日本中でマスク着用を絶対とする空気が強まっている。

 銀行勤務のA氏が嘆息する。

「商談の際にマスクをするのは失礼だと避けてきましたが、いまは、マスクをしていないと嫌な顔をされる。先日、クレーム処理で取引先に謝罪に行った同僚も、マスクを着けるべきか悩んでいました」

 2月下旬、都内の就職セミナーに企業側として出席したメーカー勤務のB氏もこう話す。

「会場の入り口でマスクが配られ、社員も学生も着用が義務づけられました。マイクに飛沫が飛んで感染するかもしれないということで、学生の質問タイムにマイクを回すのもNG。質問が全然聞こえなくて困りました」

関連記事

トピックス