• TOP
  • スポーツ
  • 江本孟紀氏 延長12回完投負けのあとのノムさんの激励に涙

スポーツ

2020.02.28 07:00  週刊ポスト

江本孟紀氏 延長12回完投負けのあとのノムさんの激励に涙

エモやんが恩師のノムさんを語る

「『南海の3悪人』に指導者として育てていただいた」──84歳で亡くなった野村克也氏は生前、本誌インタビューでよく、そう語っていた。監督として通算1565勝をあげた野村氏が初めて指揮を執ることになったのは1969年オフ。34歳の若さで南海のプレイング・マネージャーに就任した時のことだ。

 当時を振り返り、「江本(孟紀)、門田(博光)、江夏(豊)。この3悪人が部下になるのを経験したら、あとは誰が部下になっても、少々変わり者だろうが、怖いものはない」と話していた。1971年に東映に入団した江本孟紀氏(72)は、0勝4敗で1年目を終えた後、南海へトレードされた。そこで選手兼任監督の野村氏とバッテリーを組んだことが転機となり、エースとして活躍。「3悪人」と呼ばれたことについては、「ノムさん流の褒め言葉」だと話す。

 * * *
 ノムさんは江本、門田、江夏が「南海の3悪人」と言ったが、ボクらは“2代目”ですよ。初代は杉浦(忠)、広瀬(叔功)、そして野村克也。この3人が鶴岡(一人)監督から「3悪人」と呼ばれていたんです。もちろん、引き継げて光栄ですが。

 ノムさんは「監督としてあの3悪人を扱ったんだから、今の選手なんか容易い」と、いい意味なのか悪い意味なのか、わからない言い方をしていたよね。素直に褒めるのがイヤで、照れ隠しで(3悪人と)言ったんだと思いますよ。ノムさんらしい表現。最大限の褒め言葉じゃないですか(苦笑)。

〈2月11日の訃報は、沖縄でキャンプの取材中に聞かされたという。〉

関連記事

トピックス