芸能

東出昌大、アポ無しで帰宅 杏が拒否して家には入れず

“アポなし帰宅”に杏は絶句

 2月中旬の深夜、静まり返った都内の住宅街で、大きな“影”が揺れていた。黒っぽいニット帽とメガネ、そしてしっかりとマスクをつけた“完全防備”は、新型コロナウイルス対策だけが理由ではない。彼の場合は、顔を隠すという重要な意味がある。この姿は誰にも見られたくない──。“自宅”周辺を所在なげに歩く東出昌大(32才)の胸には、そんな思いがあったのかもしれない。

「家をのぞき込んでいる人がいたから不審者かと思ったら、東出さんだったので驚きました。不倫騒動後はもちろん、今年に入ってから一切姿を見ていませんでしたから。東出さん、自宅に入れなかったんでしょうね。外から家をのぞいていたものの、しばらくしていなくなりました」(近隣住民)

 1月下旬、『週刊文春』に女優・唐田えりか(22才)との不倫を報じられて以降、東出の生活は一変した。

「現在放送中の主演ドラマ『ケイジとケンジ』(テレビ朝日系)のインスタグラムでは、ほかの出演者の写真はアップされるのに、東出さんの写真はなし。CMも相次いで降板となり、クライアントから巨額の賠償請求を受けるという報道もあります。俳優生命が窮地なのは言うまでもありません」(テレビ局関係者)

 妻の杏(33才)は東出の不貞に傷つき、夫を自宅から追い出した。いまも東出はマンスリーマンションで生活しているという。

「東出さんは直接会って謝りたいと訴えていたようですが、電話にも出てもらえず、LINEもブロックされたのでしょう。頼みの綱のメールにも、返信はほとんどないそうです」(芸能関係者)

 冒頭のシーンは、東出が妻子の住む家に“帰宅”したときの様子だった。連絡を拒否された彼がとった最後の手段が、“アポなし突撃”だったわけだが、家に入ることは叶わなかったようだ。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン