国内

滝川クリステルと小泉進次郎、問題夫妻扱いで今が正念場

「宴会の儀」に出席した進次郎氏と滝川(写真/時事通信社)

 薄い黄緑の鶸色の生地に、南天の朱と金糸を使った金駒刺繍。目にも麗しい着物に、人間国宝の染織家・北村武資さんの帯を締めた滝川クリステル(42才)が、大臣の妻としてのデビューを飾った。

 2月23日、皇居宮殿豊明殿で開かれた天皇陛下60才の誕生日を祝う「宴会の儀」に、夫の小泉進次郎環境相(38才)とともに出席した。即位後初めてとなる今年は、安倍晋三首相や国会議員ら464人が参加。滝川は皇后雅子さまと豪華ランチでの“初対面”となった。

 夫妻の人気のピークは、結婚発表の瞬間だったかもしれない。結婚後、進次郎氏は過去の女性遍歴が次々と報じられただけでなく、逢瀬に使ったホテル代を政治資金、つまり血税で支払っていた疑惑が浮上。大臣としての資質を疑う声もあがった。

 一方の滝川も、結婚を報告するインスタグラムで《「政治家の妻はこうあるべき」という形に捉われず》と豪語したものの、愛犬・アリスが進次郎氏の暮らす議員宿舎では飼えないことを理由に、都内の高級マンションで“別居”生活を送っていることなどが非難の的となった。

「つい先日も、進次郎氏が新型肺炎の対策会議を欠席した日に、夫婦そろって地元・横須賀市で開かれた後援会の新年会に参加していたことが明らかになり、自覚の欠如が指摘されました。いまやふたりは、将来の総理とファーストレディーというよりも、“問題夫妻”として注目されていて、まさに正念場といえます」(全国紙政治部記者)

 そうした中での宴会の儀は、失敗など許されない舞台。滝川はメディアの和装特集にもたびたび登場するほどの和服好き。着物業界にも精通しており、その知識を生かした“秘策”で挑んでいた。

「今回の着物は、以前CM撮影時にお世話になった呉服屋さんからレンタルしたものだそうです。宴会の儀のような場面では、和装なら最も格式の高い留袖を着るのが一般的ですが、この日滝川さんが着ていたのは、格が1つ下の訪問着。一歩下がった、奥ゆかしさを強調したかったんでしょうか。それでも帯に人間国宝の作品をチョイスするあたりは、彼女らしい(笑い)」(滝川の知人)

 晴れ舞台のデビューはまずまずといったところのようだ。

※女性セブン2020年3月19日号

関連記事

トピックス

にっこりと窓から対応
吉高由里子、恋人の「一般人男性」は年収5000万円のジュエリーブランド御曹司 交際はすでに1年近く
女性セブン
逮捕されたガーシー容疑者(写真/共同通信社)
ガーシー容疑者、逮捕の裏側 滞在のための条件を無視してドバイ当局が激怒、事実上の強制送還に
女性セブン
女優の広末涼子(左/時事通信フォト)とアーティストのキャンドル・ジュン氏(右/インスタグラムより)
「あなたは家事の全貌を知らない」広末涼子がW不倫報道の直前にもらしていた夫キャンドル・ジュン氏への不満
NEWSポストセブン
射殺された組長は司組長の出身母体の傘下組織だ(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【心臓マッサージの場面も】六代目山口組ラーメン店組長射殺 事件直後のヒットマン映像が出回る
NEWSポストセブン
W不倫が封じられた女優・広末涼子(左/時事通信フォト)と人気シェフ・鳥羽周作氏(右/Twitterより)
【W不倫報道】広末涼子のお相手の素性 フレンチの革命児で「ハレンチシェフネットワーク」を結成、4年連続一つ星の“シズる男”
NEWSポストセブン
亡くなった辰島ありささん
【熊本・布にくるまれた29歳女性遺体】「ありさが何をしたって言うんですか」エレベーター管理会社従業員死亡で、被害者友人が悲痛の叫び
NEWSポストセブン
始球式に登板した稲村は基本ノーバン(時事通信フォト)
《基本ノーバン》稲村亜美の球速が激減、2年間もマウンドから遠ざかる「始球式の女王」「神スイング」は今 
NEWSポストセブン
(Getty Images)
エンゼルス・大谷翔平、交流戦で期待がかかる「二刀流で全球団制覇」の新記録 カブス・鈴木誠也との初対決も
NEWSポストセブン
デートは必ず手つなぎで
小室圭さん眞子さん夫妻“マンハッタンよりも治安のいい郊外”の高級マンションに新居か
女性セブン
性加害報道のあった木下ほうか(前所属事務所のホームページより。現在は削除済み)
【LINE全文】木下ほうかが取り下げた性加害報道裁判「ヤダヤダって何度も言ってるのに無理矢理そのまま入れようと」「直接会って謝りたいです」 事件直後のやりとり34通
NEWSポストセブン
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
女性セブン
リナ・ローズ氏と高級スクール
「トラブルで辞める人多数」元保護者が激白する麻布の高級スクールへの違和感 本部あるビバリーヒルズ住所を調べた結果
NEWSポストセブン