• TOP
  • 芸能
  • 中山美穂 50才のバースデーパーティーでヘベレケ姿

芸能

2020.03.13 16:00  女性セブン

中山美穂 50才のバースデーパーティーでヘベレケ姿

極細ヒールで歩く中山美穂

 3月1日の深夜2時半。小さなバーが集まる雑居ビルから出てきたのは、中山美穂(50才)だった。

「中山さんは酩酊していてひとりでは歩けない状態。女性も含めて数人のグループでしたが、人目を気にする余裕もないようで、一緒にいた男性に支えられていました」(居合わせた人)

 この日は中山の50回目の誕生日。当初の予定では、バースデーソロコンサートが行われる予定だった。

「場所は彼女がデビュー後初めてコンサートを行った、東京・中野サンプラザ。ところが新型コロナウイルスの影響で中止になってしまった。中山さんは残念でなりませんでしたが、誕生会はスタッフの慰労を兼ねたものだったので、決行されたようです」(音楽関係者)

 中山は2002年にミュージシャンで作家の辻仁成(60才)と結婚。フランス・パリで生活し、2004年に長男を出産したこともあり、芸能活動を控えていた。しかし、離婚協議中の2014年にパリから帰国し、同年7月に離婚成立。その後、徐々に活動を再開。

 デビュー35周年となる今年は、1月から放送が始まったWOWOWの連続ドラマ『彼らを見ればわかること』に主演。また、約20年ぶりのニューアルバムを発売するなど、精力的に活動している。

 その一方で、周囲からはこんな声も。

「パリでの生活はベールに包まれていましたが、帰国後は、アーティストやバンドマンとの交際も報じられるなど自由な印象で、飲みに行くことも増えたようです」(芸能関係者)

 この日、中山はエスニック料理店に午後6時頃に入店。ブラックの上品なレースドレスに、ブラウンのロングコートをばさっとはおりドレスダウン。10cmを超えるピンヒールを合わせ、さっそうと向かった。

「店は貸し切りで、パーティーグッズなども持ち込まれていました。中山さんの周りには、スタッフが集まり、“またコンサートを”などと話し、お酒もすすんだようです」(前出・音楽関係者)

関連記事

トピックス