• TOP
  • ライフ
  • 新型コロナ 感染者がかかった病院の実名リスト

ライフ

2020.03.17 16:00  週刊ポスト

新型コロナ 感染者がかかった病院の実名リスト

病院の実名を一挙公開(写真/EPA=時事)

 市民の最大の関心事である新型コロナの「感染経路」について、各自治体は感染者が参加していたライブ会場やイベント名などを次々に公開している。だが、そこにはひとつの重要な情報が抜け落ちている。“濃厚接触”の可能性を秘めた「感染者が受診した病院」が、ほとんど公表されていないのだ。

 広島県内初の新型コロナ感染者と確認された広島市安佐南区在住の30代男性は、PCR検査で陽性反応が出るまで、4つの病院で計8回も受診を重ねていた。

 広島市は入院先こそ「舟入市民病院」(同市中区)と発表したが、受診していた4つの病院については公表していない。同市在住の60代男性(自営業)が語る。

「高血圧症で市内の病院に通院している身なので、そら怖いですよ。もし自分の通院先がその4つに入っていたらと思うとね。濃厚接触してたんじゃないか、と考えてしまう。4つとも公表してもらいたいもんですわ」

 こうした事例が全国で見られる。2月下旬、神奈川県横浜市在住のタクシー運転手が新型コロナに感染したことが判明。同市によれば、この運転手は陽性反応が出るまでに3つの病院を受診していたが、病院名は公表されなかった。

「群馬県太田市で女性保育士が感染したケースでも、陽性反応が出るまでに2つの病院を受診していたことが分かっています。市は勤務先の保育園を公表しましたが、病院名は公表せず。市民からも疑問の声が上がっています」(地元紙記者)

関連記事

トピックス