• TOP
  • 国内
  • 昭恵夫人の花見問題 安倍首相「花見ではない」答弁は苦しい

国内

2020.03.27 16:00  NEWSポストセブン

昭恵夫人の花見問題 安倍首相「花見ではない」答弁は苦しい

満面の笑みで桜の下に立つ昭恵夫人

「ライトアップされた桜をバックに、某人気アイドルグループのTさん、人気モデルのFさんら、その中心に奥様が写ってらっしゃいます」――3月27日午前の参院予算委員会で、本誌・週刊ポストが報じた安倍昭恵・総理夫人の「私的な“桜を見る会”」の問題が俎上に載せられた。安倍晋三・首相は本誌が報じた写真を見て昭恵夫人に事実確認を行なったとした上で、「会合はあったが花見ではない」という苦しい答弁に終始した。

 立憲民主党の杉尾秀哉氏が国会質問で取り上げたのは、3月26日に本誌・週刊ポストがニュースサイト「NEWSポストセブン」で報じた1枚の写真だ。ライトアップされた七分咲きの桜をバックに13人の男女が笑顔で肩を寄せ合い、その中心に昭恵夫人が写っている。昭恵夫人の隣には、モデルの藤井リナ、その前列にはアイドルグループ・NEWSの手越祐也の姿がある。

「私も大変、コロナウイルス対策で忙しいのでございますが……」と前置きした安倍首相は、写真を見て、昭恵夫人にも確認を行なったとした。

 答弁のなかでは写真について、「都内のプライベートのスペースであるレストランで(昭恵夫人が)知人と会合を持ち、その際に桜を背景に記念写真を撮った」ものであると説明。その上で、「レストランの敷地内の桜のもとで撮ったもの」「東京都が自粛を求めている公園での花見のような宴会を行なっていたという事実はない」と釈明した。

 森友学園問題を巡って、自殺した近畿財務局職員の手記が公になり、公文書から昭恵夫人の名前などが削除された改竄問題が改めてクローズアップされている。そうしたなか、疑惑の渦中にあるファースレディとして、適切な行動だったのかという質問に対して安倍首相は、「レストランに行ってはいけないのか」と色をなして反論した。

関連記事

トピックス