• TOP
  • 国内
  • 新型コロナ重症化の男女格差 ホルモンや生活習慣が関係か

国内

2020.04.10 07:00  女性セブン

新型コロナ重症化の男女格差 ホルモンや生活習慣が関係か

無症状感染者からも発症者並みのウイルスが検出(時事通信フォト)

 感染者のうち80%が軽症だといわれる、新型コロナウイルスによる肺炎。残り20%は入院が必要で、さらに5%は集中治療室に入らないと命を落とすともいわれている。

 そして、性別による重症化の違いも指摘されているという。中国当局の報告によると、男性の致死率2.8%に対し、女性の致死率は1.7%。イタリアでは男性の死亡者が71%を占め、スペインでは男性は女性の2倍も死亡したと報じられた。フランス、ドイツ、イランなどでも同様の傾向がみられた。

 厚労省の発表では日本人の死者は、男性が45人、女性は10人となっている(不明、非公表25人、4月6日現在)。

「男女格差の理由はホルモンが影響している可能性があります。女性ホルモンであるエストロゲンには、免疫細胞がウイルスを攻撃する反応を活性化させる性質があります。

 また、免疫系を調節する遺伝子はX染色体上にコード化されていて、男性は1つのところ女性は2つある。免疫反応に関与する遺伝子が、女性の方が活性化している可能性があります」(医療ジャーナリスト)

 また、女性は喫煙率が低く、手洗いなどの予防意識が男性より高いからという分析もある。男性よりも頻繁に歓楽街に行かないことが感染リスクを下げているともされる。

関連記事

トピックス