国内

内科医辞めて料理人に転身、今は自給自足するDr.Misoの人生

2013年、米・ニューヨークの料理学校のキッチンで

 進級、進学、就職、結婚、出産…同じように見えて人の歩みは十人十色。節目節目でどんな人に出会い、どんな出来事に遭遇したか。そのときに何を思い、いくつかあったはずの選択肢のどれを選んだか──。その岐路で、人生は大きく変わる。曇りのち晴れ。好天人生を送る、市井の人の物語。

 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、いまだ気を緩めることのできないコロナ禍の中、がぜん注目を集めている食品がある。味噌や麹、ぬか漬けなどの「発酵食品」だ。

 医師の関由佳さん(36才)は、野菜ソムリエなどの資格を持ち、食べ物によって病気を防ぐ「予防医学」に力を注いでいる。なかでも発酵食品のエキスパートで、「Dr.Miso」の名で、味噌の効用や魅力を広める活動を行っている。

「発酵食品にはいろいろありますが、そのなかでも味噌は乳酸菌や食物繊維が豊富で、腸内環境を良好に保ってくれるスーパーフードです。新型コロナウイルス感染拡大の中、『免疫力を高めてくれる』と、興味を持つ人が増え続けています」

 ゆっくりとした口調でそう話す関さんは、小柄で折れそうなほどにか細く見える。毛穴がまったく見えないほどツヤツヤな肌やキレイな髪を目にすると、「これが発酵食品の力か…」と思わずうなってしまうほどだ。

 内科医としてキャリアを積んだ関さんは、なぜ医師としての職務より「Dr.Miso」としての活動を優先させるようになったのだろうか──。

中学で新体操に没頭。過酷なダイエットが体に与えた深刻な影響

《将来は医者になって、患者さんの病気をなおして、みんなを幸せにしたいです》──。これは、1995年、毎日新聞地方版に掲載された、小学6年生時の関さんの作文『将来の夢』の一節だ。

 関さんは1983年、宮城県で勤務医の父と専業主婦の母のもとに生まれた。

「父だけでなく、親戚たちもみんな医者の家系だったので、私も小さい頃から医者になるのが当たり前だと思っていました。ですから、小学校高学年から、医者になるための勉強をしていました」

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン