• TOP
  • ビジネス
  • 進化するスマート農業 『下町ロケット』の世界が実現する日

ビジネス

2020.08.18 07:00  週刊ポスト

進化するスマート農業 『下町ロケット』の世界が実現する日

農地を走る無人トラクター

 巨大なモニターに表示されているのは数キロ離れた農地にある4台のトラクター。下の画面にはトラクターに搭載されたカメラの映像が映っている。

「一番重要なのが安全性の確保。万が一、人や動物が飛び出してきた時、止める指示を出しても1秒の遅延があったら轢いてしまう。その点、5Gなら電波の遅れが少ないため、その心配は軽減されます」(野口氏)

 実際に停止指示を出してもらうと、「圃場内移動」を示す青で表示されていたトラクターの色が、「停止」を示す赤に変わる。カメラの映像でもすぐに停止したことが確認できた。

コロナ禍で再認識したスマート農業の必要性

 さらにこの技術が実現すれば、農機は24時間働くことができるうえ、北海道から沖縄にある畑の作業もできるようになるという。

「4台で実験しているのは、うちがそれしか保有していないから。5Gは多数同時接続が可能なので、10台でも100台でも、複数台のロボット農機を遠隔地から一人で監視して作業させることができます」(野口氏)

 少子高齢化による後継者不足など、就農人口の減少が悩みだった日本において、新しい農業の形態が生まれる可能性を秘めた革新的な技術といえるだろう。

 夫婦で岩見沢に55ヘクタールの農場を経営する西谷内智治氏が語る。

関連記事

トピックス