• TOP
  • 芸能
  • 東大生タレント 鈴木光、松丸亮吾ら「非主流派」の存在感

芸能

2020.09.02 11:00  週刊ポスト

東大生タレント 鈴木光、松丸亮吾ら「非主流派」の存在感

“伊沢閥”とは一線を画する(Pasya/AFLO)

“伊沢閥”の存在感が高まる中で、“主流派”ではないものの別格の存在なのが、「美しすぎる東大生」と呼ばれる現役法学部生・鈴木光(21)だという。

「現在4年生の鈴木さんは『東大王』のヒロイン的存在。クイ研に在籍してはいますが、ほとんど活動には参加しておらずクイズノックにも所属していない。東大に合格して入学するまでの間にオーディションを受けて番組出演が決まっていた」(東大OB)

 法学部4年生の鈴木は、昨年に司法試験の予備試験を受験し、合格。

「アイドル顔負けのルックスだけに、芸能界からも声はかかっているようですが、本人は眼中にないようです。伊沢さんをはじめ、クイズノックの面々の多くが大手のワタナベエンターテインメントに所属し、業界と付き合いながら事業を多方面に広げているのとは対照的です」(民放バラエティ番組担当者)

 鈴木の他に“伊沢閥”と一線を画しているのが、松丸亮吾(24)だ。メンタリスト・DaiGo(33)の実弟としても知られ、7月にニホンモニターが発表した「2020年上半期ブレイクタレント」で3位にランクインした人気者。著作の『東大松丸式ナゾトキスクール』も話題になっている。東大クイ研のOBが言う。

「松丸さんは謎解き専門集団を名乗る『アナザービジョン』というサークルの出身。クイ研と違い、『知識がなくても、ひらめきで解ける』ことを大切にしている。TBSの『東大王』ではなく『今夜はナゾトレ』など他局のクイズ番組を主戦場としている。伊沢さんとはまったく系統が違う。東大のクイズ関係者で、唯一伊沢さんと互角にわたりあえる存在です」

関連記事

トピックス