池脇千鶴は役者としてどんどん成長中

池脇千鶴は役者としてどんどん成長中

頑張っている女性に刺さる大・大先輩たちの金言

『その女、ジルバ』にはただアラフォーのホステスとして出演しているだけではなく、明らかに役柄のために太り、特殊メイクを施して薄幸さを演出している。おそらく今回は新が自分に自信をつけながら痩せて、美しくなっていく……というところまで、私たちは追うことになりそう。そんな特殊な役となれば、彼女の実力と人気から考慮すると、注目が集まったのは“必然”だったと強く伝えたい。

 さらにドラマを盛り上げるのは超熟女バー「OLD JACK&ROSE」の現役ホステスたちだ。ガチの高齢者たちが客をもてなしているのだが、彼女たちが新に伝えるセリフは頑張っている女性に響く金言だと言ってもいい。

「女は四十から」「捨てていいのは操と過去だけ」「40代なんてまだまだお嬢ちゃん」など、超熟女が言うからこそ説得力のあるセリフがポンポンと飛び交う。ただ聞いているだけのこちら側も、ドキッとしてしまう。さらに高齢になっても、酒を飲んで人生を謳歌しているホステスたちの様子は、見ているだけで微笑ましく楽しい。素直に「あんなバーで飲んでみたい」と願望がわくシーンがドラマには数多く登場してくるのだ。

 普段の生活で、私たちが飲みに行く時はどうしても年代の近い同士で集まることが多い。新のように、自分よりも30歳近く年上に囲まれるチャンスは、なかなか巡って来るものではない。出かけたところで気を遣いそうな予感も……? と考えていたら、いつも自分の両親よりも年上に高齢者に囲まれて、下町で飲んでいた同級生が言っていた一言を思い出した。「(自分から)話すんじゃなくて、彼らの会話を聞いて新しい視野を勉強させてもらっている」。ああ、新も同じことなのかしれない。彼女に今まで足りなかったのは刺激だったのか……。

 主人公の立ち上がっていく様子に、大先輩からの深〜い背中を押す言葉の数々が並ぶ『その女、ジルバ』はまだ始まったばかりだ。コロナ禍で週末遊びに行くことができないストレスを「BAR OLD JACK&ROSE」で解消してみては?

【プロフィール】こばやし・ひさの/静岡県浜松市出身のエッセイスト、ライター、編集者、クリエイティブディレクター。これまでに企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊以上。女性の意識改革をライトに提案したエッセイ『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(KKベストセラーズ刊)が好評発売中。

さすがのオーラだ

さすがのオーラだ

スタッフからの信頼もあつい

スタッフからの信頼もあつい

演技に没頭するタイプだという

演技に没頭するタイプだという

笑顔が印象的

笑顔が印象的

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン