芸能

『いしゃ先生』『楢山節考』…名作映画の「辞世の言葉」を浜村淳らが解説

「好きなことをやりなさい。それがいちばんの親孝行だがね」

(C)2010「RAILWAYS」製作委員会※「Blu-ray&DVD好評発売・レンタル中」

(C)2010「RAILWAYS」製作委員会※「Blu-ray&DVD好評発売・レンタル中」

『RAILWAYS~49歳で電車の運転士になった男の物語~』(2010年、松竹)より
監督:錦織良成 出演:中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ

【あらすじ】大手企業で働く筒井肇(中井貴一)は順調に出世街道を歩んでいた。そんなある日、母(奈良岡朋子)の入院で帰郷。同期の死も重なったことで、これまでの人生を振り返り、子どもの頃からの夢に挑戦することを決意する。

「一流企業から地元の鉄道会社に転職が決まったことを入院先の母に伝えた時の言葉です。母は息子の決断に対して賛成も反対もしませんが、嬉しそうです。人生の挑戦は何歳からでも可能。人生で最も大事なものを教えてくれます」(コトブキツカサ氏)

「ボケてなお、人は生きるのか。生きるなり」

『花いちもんめ』(1985年、東映)より
監督:伊藤俊也 出演:千秋実、西郷輝彦、十朱幸代

【あらすじ】元大学教授の冬吉(千秋実)は認知症と診断され、次第に家族の名前すら分からなくなっていく。長男の治雄(西郷輝彦)は、そんな父を献身的に介護する妻の桂子(十朱幸代)を見て、失われかけていた家族の絆を取り戻していく。

「認知症は誰の人生にも降りかかる可能性があり、他人事ではいられませんでした。治雄は父の日記からこの言葉を見つけて、父への、そして妻への絆を再認識していきます。生きる儚さとともに、人生の素晴らしさを教えてくれる作品です」(コトブキツカサ氏)

「辰平、わしの目の黒いうち、顔くらい見せておけよ。気にしていてくれたんだな。来年は山へ行ってくれるんじゃな」

『楢山節考』(1958年、松竹)より
監督:木下惠介 出演:田中絹代、高橋貞二、望月優子

【あらすじ】70歳になると楢山まいりに行く風習がある村で、おりん(田中絹代)は息子の辰平(高橋貞二)に嫁が来たのを見届けた後、山へ行くと言い出した。楢山まいりとは姥捨のこと。辰平は母を山に捨てる悲しみを必死に堪えていた。

「辰平は楢山に老母を置き去りにした帰りに雪が降ってきたので思わず老母の元に戻ります。しかし、おりんは死ぬためにここへ来たんだ、心配は要らない、さっさと帰れ、とでも言うように黙って手を振るのです。何とも悲しい場面です」(浜村氏)

取材・文/小野雅彦

※週刊ポスト2021年6月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン