• TOP
  • 芸能
  • 別居の長谷川京子、近年発言が過激に 体を露出する服を選び色気も増す

芸能

2021.09.30 16:00  女性セブン

別居の長谷川京子、近年発言が過激に 体を露出する服を選び色気も増す

美しいスカートの履きこなし

美しいスカートの履きこなし

「もう無理……」

 長谷川が露出を増やす一方で、夫の新藤のバンド、ポルノグラフィティはこの2年間、実質活動休止状態にあった。

「2019年に20周年コンサートを東京ドームで行ってからソロの制作活動に入り、バンドとしての活動はありませんでした」(音楽関係者)

 静と動が分かれた夫婦に深刻な影響を与えたのが新型コロナだ。新藤が自宅で作業するようになり、夫婦の微妙なバランスが再び変化した。

「多忙のなか、仕事も子育ても微妙なバランスを保って両立させてきた長谷川さんにとって、日々の新藤さんからの干渉は無視できないものになっていったようです。『もう一緒に生活するのは無理……』と、今年春から新しく生活の拠点となるマンションを探し始め、子供を置いてひとりで家を出た。

 よほどの葛藤があったと思いますが、これ以上夫婦が一緒にいる方が子供にも悪影響と考えたのでしょう。夫婦関係には一線を引くと決断したんです。彼女はもう自宅に戻る気はないと思います。離婚へのステップとしての別居でしょう」(前出・ヘアメイク)

※女性セブン2021年10月14日号

関連記事

トピックス