芸能

小松菜奈に2度フラれた菅田将暉 3回目で成功し友人と祝賀パーティー

11月下旬、ふたりで暮らすマンションにそれぞれ帰宅

11月下旬、ふたりで暮らすマンションにそれぞれ帰宅

 11月15日、歌手で俳優の菅田将暉(28才)と女優の小松菜奈(25才)が所属事務所を通じて、結婚したことを発表した。その日の夜、菅田は早速自身のラジオ番組『菅田将暉のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、

「私事なのですが、皆さまにご報告させていただいたことがありました。小松菜奈さんと結婚いたしました。本当にちょっとソワソワしますね。こんなことないので、この1週間くらい、ずっと胸の奥がマグマみたいに熱くて(中略)本当に皆さん温かいメッセージありがとうございました」

 と、ファンに生報告。菅田にとって、ラジオでの報告は念願だったという。

「過去にラジオの生放送で、山田優さん(37才)との交際を宣言した小栗旬さん(38才)のことを『かっこいい!』と周囲に話していた。それ以来、『いつか自分が何かを発表するときはラジオで話したい』といつも口にしていたんです。今回も発表の段取りを決める際、『自分のラジオがある月曜日でお願いします』と主張していたみたいで。その夢がかなって感無量でしょう」(テレビ局関係者)

 若手人気俳優同士の結婚は大きく報じられ、日本中が祝福ムードに包まれた。だがその結婚の裏には、人知れぬ苦難があった。

《菅田将暉&小松菜奈、熱愛発覚!》──ふたりの交際が公になったのは2020年3月、スポーツニッポンのスクープだった。交際のきっかけとなったのは、ふたりがダブル主演をつとめた映画『糸』(2020年8月公開)。映画関係者が目を細めながら話す。

「交際がスタートしたのは、『糸』の撮影中。撮影は、2019年7月から9月にかけて行われ、出演者はロケのため北海道、東京、沖縄とシンガポールを転々としました。その最中、カメラが回っていないところで菅田さんは小松さんに猛アタックを続け、距離を縮めていました。

 交際発覚が映画公開のタイミングと重なったことから、『宣伝のためではないか』と訝る声もあったみたいですが、菅田さんは本気そのもの。交際を始めた頃から『結婚したい』と言っていたので、今回の結婚は本当におめでたい話。でも周囲からは『人気急上昇中の20代のふたりだから、結婚は早すぎるのでは』『もう少し様子を見てもいいのでは』との声もチラホラあがっていたみたいです」

 確かに、仕事や遊びが楽しくて仕方のない年頃だろう。結婚を決めるのは、少々早い気もする。だがその背景には「菅田の焦り」があったと、菅田の友人が打ち明ける。

関連キーワード

関連記事

トピックス