スポーツ

高野連会長を聖隷クリストファー落選問題で直撃「選考は正当だったか」

上村監督も語った

上村監督は校長として、卒業式で、生徒たちに言葉を残した

疑問を差し挟む根拠はありません

 工学者である寶会長は母校でもある京都大学で教授を務め、硬式野球部の監督にも2度就任。2度目の監督在任中の教え子として、同大から史上初めてドラフト2位指名された田中英祐(元千葉ロッテ)がいる。2月20日の日曜日の午後、会長宅を訪れると、スタジアムジャンパーを羽織って玄関先に現れた。

 選抜の代表校を決する選考委員会には「21世紀枠特別選考委員会」と5地区にわかれた「地区別小委員会」がある。小委員会の議論には参加しないものの、選考委員会全体の選考委員長を兼任する日本高野連の寶会長に、単刀直入に訊ねた。選考委員会は正当に行われたのか──。

「当然です。9人いた東海地区選考委員のうち、当日は8人が出席され、最終的に8人全員が合意した結論だと存じています。選考委員会メンバーの意見は拮抗していたようであり、岐阜大会、静岡大会を含め、両校の打率や防御率などを比較検討された。全委員が東海大会全試合を見たわけではないと思いますが、分担して毎試合誰か委員が担当して見ていたはずであり、そうした試合内容の情報も加味されたと思います」

 鬼嶋委員長は東海大会の1、2回戦が行われた日、選考委員に断りを入れた上で、東京の神宮球場で早慶戦のテレビ解説をしていた。寶会長は「最終的に8人の委員が合意されたのであるから、私としては選考結果に疑問を挟む根拠はありません」と話した。

 ここで、東海大会における聖隷と大垣日大のデータを比較してみたい。

・聖隷クリストファー(4試合) 打率.330、1試合平均の得点6.75、総失点21(うち自責点16)、防御率4.23
・大垣日大(3試合) 打率.291、1試合平均の得点5、総失点16(うち自責点9)、防御率3.11

 試合数に違いはあるが、打率では聖隷が大きく上回っている。反対に防御率では大垣日大が1点以上低いが、1試合平均の得点は聖隷が1.75点ほど上回る。確かに投手力の差はあるのかもしれないが、聖隷はエースが1回戦で右ヒジを疲労骨折してその後の登板ができない中での戦いだったことも評価すべきだ。

 それぞれの勝ち上がりを見ても、聖隷は2回戦で中京(岐阜1位)から、1対3とリードされた9回表に3点をあげて逆転勝利し、準決勝でも愛知2位の至学館を相手にサヨナラ勝利。一方、大垣日大は2回戦で優勝候補の愛知大会王者・享栄に勝利し、鬼嶋委員長はこの点を選出理由のひとつに挙げたが、聖隷は岐阜大会決勝で大垣日大に勝利している中京に勝利して決勝に進出しているのだ。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン