ライフ

“ラブホの上野さん”が読む『これを愛と呼ぶのなら』 左手ばかりが描かれる理由

2巻が発売されるマンガ『これを愛と呼ぶのなら』

『これを愛と呼ぶのなら』2巻が発売間近

決して不倫をしたいわけではないけれど

 実はこの話において雅樹の左手は一度たりとも登場しません。手をつなぐときもご飯を食べるときも君恵を抱くときも、雅樹の左手は常に隠されている。それは君恵が「見て見ぬふり」をしていたことの象徴であり、心のどこかで不倫を望んでいたと言えるでしょう。

 決して不倫をしたいわけではない。だけど心のどこかで刺激を求めてしまう自分がいる。だからこそ雅樹の左手の指輪を見て見ぬふりをしていたのです。

 しかし、彼女は彼のメモで彼にも家庭があることを思い出してしまう。そして彼女はここで初めて右手を使うのです。

 普通なら逆でしょう。彼と会っているとき、彼に抱かれているときにこそ右手を使うべきなのです。しかし君恵は抱かれたからこそ、彼との思いに熱が入ってしまった。抱かれる前は火遊び程度だったのに、抱かれてしまったことで本気になってしまったのです。

 世の中に不倫は絶えることがありませんが、きっと多くの不倫はこうして始まるものなのでしょう。軽い火遊びのつもりがいつの間にか大火になってしまう。雅樹が抱いた瞬間にメモ書きひとつでそそくさと帰ってしまうのとはあまりにも対照的で、そしてそれが今後君恵に降り注ぐであろう不幸を想起させています。

 その後、ホテルを後にして電車に乗った君恵は窓に映る自分の“右手”を見て後悔をし始めるのですが、ここで右手を見てしまっているのもまた君恵の地獄を象徴していると言えるでしょう。雅樹に対しての思いを打ち消すのであれば、ここでこそ左手に輝く結婚指輪を見つめなければならなかった。しかし無意識に彼女は自分の右手を見てしまっているのです。

 電車を降り、自宅に向かう君恵がまたよい。彼女が乗っていたのは終電車なのですが、自宅の最寄り駅に着いた君恵はわざわざ自宅に電話して「これから帰るけど、何か買ってきて欲しいものある?」なんてことを娘と旦那に聞くのです。そして2人に「いらない」と言われると、強引に「プチシュー」を買って帰ろうとしました。

 普通なら同窓会を出るときに「これから帰るね」と言うものでしょう。迎えに来てもらうわけでもないのに、どうして最寄り駅に着いてから電話をしたのでしょうか? そんなの決まっています。彼女もまた「雅樹と何かあるかも」と心のどこかで願っていたからに他なりません。

 それではどうして最寄り駅に着いたら電話をするのか。

「何か買ってきて欲しいものある?」という取ってつけたような言葉にあります。浮気をした男が彼女に妙に優しくなるのと構造は変わりません。娘と旦那に「いらない」と言われているのにプチシューを買ってくと言い出すのは、何かを買わなければ罪悪感で押し潰されてしまう君恵の心をよく表しているでしょう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン