国内

崖っぷちの小室圭さん 秋篠宮さまが漏らされた「4度目の受験は許されない」の本音

小室圭さん

「4度目の受験」は許されないのか

 娘を案じる秋篠宮さまのご意向なのか、小室さん夫婦は仕事でも私生活でも多方面から支援を受けてきた。ところが、“支援元”の堪忍袋の緒が切れかかっているという。秋篠宮さまの設定されたハードルを越え、ニューヨーク生活を続けることは叶うのか──。

 小室圭さんは現在、7月に受けた3度目のニューヨーク州司法試験の結果待ちである。小室さんは3回とも「今回がダメでも次がある」と余裕の表情を見せていた印象だが、どうやら今回に限っては状況が異なるようだ。宮内庁関係者は「小室さんはもう崖っぷちにいる」と声を潜める。

「ふたりの新婚生活を陰ながらサポートしてきた秋篠宮さまが周囲に、『4度目の受験は許されない』と本音を漏らされているというのです。もし小室さんがまた不合格だった場合、小室さん夫婦のニューヨーク生活はいよいよ立ちゆかなくなるでしょう」(宮内庁関係者)

2度目不合格の報告はなかった

 秋篠宮さまが心中をのぞかせられたのは、3度目の司法試験直後のことだったという。

「秋篠宮さまは、3度目を最後の挑戦にするべきだと考えられていたそうです。そのお気持ちの背景には、“4度目以降に合格したとして、弁護士として仕事で通用するのか、周囲から信頼が得られるのか”という疑問があるといいます。

 そもそも秋篠宮さまは、“職業に貴いも賤しいもない”という信念をお持ちです。弁護士に固執して、必死に試験を受け続ける小室さんのことを、冷ややかに見られているのでしょう。無理をして弁護士にならなくてもいいではないか、というお気持ちのようです」(前出・宮内庁関係者)

 小室さんは2度目の試験に落ちたとき、日本にいた頃に勤めていた法律事務所の代表にすぐに連絡を入れた。

「しかし、秋篠宮さまのところには、受験の報告はおろか、合否の報告もなかったといいます。義父へ連絡をしなかったのは小室さんの判断というより、眞子さんの気持ちが大きかったでしょう。たとえそうだとしても、秋篠宮さまは小室さんに対する強い不信感を新たにされたといいます」(前出・宮内庁関係者)

 4度目の試験は受けるべきではない──そのお気持ちは充分に理解できるとは、ある皇室関係者。

「眞子さんが人生を賭して信じた男性なのに“仕事の能力はそれほど高くない”という試験結果を何度も見せつけられるわけですから、お心が痛むのも当然でしょう。また、小室さんが“試験を受ける”“試験に落ちる”というそのたびに、海外メディアを含めて注目を浴びます。それが皇室全体にとってマイナスなイメージであることは言うまでもありません。もう試験は諦めてほしい、と感じている皇室関係者は、秋篠宮さまだけではないでしょう」

関連記事

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン