国内

愛子さま、新ヘアスタイルで久々のお出まし「ヘアゴム隠しポニテ」のリラックスしたお姿

淡いピンク色の装いは華憐ながらも華やか(11月、東京・千代田区。写真/JMPA)

淡いピンク色の装いは華憐ながらも華やか(11月、東京・千代田区。写真/JMPA)

 11月5日、天皇家の長女・愛子さまが、皇居・東御苑で行われた秋季雅楽演奏会を鑑賞された。この日の愛子さまは淡いピンク色のスーツをお召しになり、会場入りの際には、居合わせた50人ほどの人に向かって、車の窓から緊張の面持ちで手を振られていた。

 愛子さまが、行事やお出ましで一般の人の目に直接触れるのは、1月の新年祝賀の儀以来で、およそ10か月ぶり。

「学習院大学3年生の愛子さまは、入学以来、オンラインで授業を受けられており、キャンパスに足を運ばれたのは数えるほど。皇居の外へ出かけられることもなかったと聞いています」(宮内庁関係者)

 天皇皇后両陛下もコロナ禍で外出を伴う公務を制限されてきたが、9月にエリザベス女王の国葬のため渡英してからは、地方での公務を着実に増やされている。おこもり生活を続けられているのは愛子さまのみ。久しぶりのお出ましに、緊張の色が浮かぶのも無理からぬ話だったのだろう。今回のご鑑賞は、愛子さまのたってのご希望だという。

「愛子さまは大学で平安時代の日本文学を学ばれています。雅楽は平安時代に完成し、原形のまま存在する世界最古の音楽芸術とされます。日本文学と伝統芸能は切り離せない関係です。愛子さまは以前から雅楽演奏をぜひ鑑賞したいというお気持ちがあったそうです」(前出・宮内庁関係者)

 一際目を引いたのが、愛子さまのヘアスタイルだった。新年祝賀の儀や3月の成年会見では額に下ろされていた前髪を、今回は真ん中で分け、涼しげな目元から豊かな表情を覗かせられた。艶やかな髪を緩く巻き、ひとつに束ね、ヘアゴムの結び目の上から髪を巻きつけられる「新ヘアスタイル」だった。

「いつも以上に表情がはっきり見え、演奏に耳を傾けながら目を細めて微笑まれるなど、存分に楽しまれている様子が伝わってきました。マスクで口元が覆われてしまう分、より表情が伝わるようにというご配慮だったのでしょう。

 最近流行の“ヘアゴム隠し”のポニーテールも新鮮でした。今回は公務ではなく、雅楽の定期演奏会への参加ということで、いつもよりリラックスした“素”のお姿であると同時に、華やいだ気持ちでいらっしゃることがうかがえました」(皇室記者)

 この日、愛子さまの隣にいらっしゃったのは秋篠宮家の次女・佳子さまだった。演奏が始まる前には視線を合わせ、談笑される様子も見られた。

「両陛下は過去に演奏会を鑑賞されたことがあるため、天皇家からは愛子さまのみの参加となったのだと思われます。年齢が近い従姉である佳子さまが同席されるのは、愛子さまにとっても心強かったでしょう」(前出・皇室記者)

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン