国内

佳子さま へそ出しダンサー姿は封印「どんどんフェミニンになる」結婚への意識は万全

佳子さまとうなずき合って談笑される姿も(撮影/JMPA)

佳子さまとうなずき合って談笑される姿も(撮影/JMPA)

 長らくその行く末に注目が集まり続けていた小室眞子さん(31才)は、ついに10月20日に夫の小室圭さんが米国ニューヨーク州司法試験に合格して、一様の決着がついた形となった。そうなると、否が応でも今まで以上に注目を集めることになるのは、妹の佳子さま(27才)である。昨年10月に眞子さんが結婚して渡米してからは、どんどんと公務も増えて、国民への露出も高まっている。

 そんな中で、多くから羨望のまなざしを受けるポイントの1つが、ファッションだ。

 11月5日には、皇居で開かれた宮内庁楽部による秋季雅楽演奏会に、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまと並んで鑑賞された。今回のように、いとこ同士で並んで公務に出られたことは、お二人が成人皇族になってからは初めてだったこともあり、多くのメディアで報じられた。すると、SNSで話題に上がったのは、お二人の目にも鮮やかな紅白コーデだった。

 愛子さまは純白、佳子さまは深紅。あるベテランスタイリストは「愛子さまは、成年皇族になったばかりの初々しさと純粋さを、7才年上の佳子さまは大人な落ち着きと、お二人の魅力が溢れるような装いでした。佳子さまは、ますます洗練された女性になられています」と解説した。

 この秋も、10月16日の「ガールズメッセ2022」の開会式では、プリンセス感満載の花柄のワンピースにホワイトピンクのジャケット姿で登壇。一転して、10月31日の全日本テニス選手権の観戦には、ブルーグレーのレースのワンピース姿で、フェミニンさを際立出せていた。

 前出のスタイリストは「佳子さまは、女性皇族らしくコンサバを基本にして、そのときどきの流行を常に取り入れられています。最近では、20代後半の女性に人気の“赤文字ファッション誌系”(『JJ』『ViVi』『Ray』『CanCam』)の、より女性らしいデザインやシルエットで、パステルカラーやくすみカラーなどの柔らかい色合いを取り入れたファッションが多いですね」と続けた。それでも、超高級ブランドなどではなく、庶民でも手に入りやすいプチプライスなアイテムを着こなしていて、そこも多くの国民から好感を持たれる一因だという。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト