国内

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念

いまだ療養中であることに変わりない(2019年6月、東京・港区。写真/JMPA)

いまだ療養中であることに変わりない(2019年6月、東京・港区。写真/JMPA)

 天皇ご一家は11月24日、東京国立博物館(台東区)に足を運ばれ、国宝の特別展をご覧になった。その日の陛下のネクタイは水玉模様のラベンダー色。それと合わせるように雅子さまはラベンダー色のパンツスーツを、愛子さまも同じ色みのカーディガンに紺のスカートをお召しだった。

「ご一家で自然なリンクコーデでした。愛子さまが珍しくタートルネックをお召しになったのは、東京都が推奨する“ウォームビズ”を取り入れられたからでしょう。省エネやSDGsにご関心があるのかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

 もうひとつ、愛子さまにはいつもと異なるポイントが見受けられた。

「目元にパールのアイシャドーを入れられ、目の動きが強調されるメイクをされていました。愛子さまはこのところ、ご活動の場所や目的に合わせてメイクを変えられています。見られる立場にあることを意識されているのかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト)

 コロナ禍から徐々に“通常営業”に戻りつつある令和皇室。期待がふくらむ一方、不安の声も聞こえてくる。

 エリザベス女王の葬儀出席のため9月に訪英されたのを機に、両陛下の地方公務が再開された。10月初旬の日帰りの栃木に続き、沖縄や兵庫では宿泊を伴う地方行幸啓にも臨まれた。それでも、“完全復活”とはほど遠いと宮内庁関係者は語る。

「雅子さまはいまだ療養中で、ご快復にはまだ時間が必要でしょう。事前に充分に体調の調整ができる地方公務へはお出ましになっていますが、それも1泊のみで、物足りなさを感じる国民も少なくないはずです」

 それだけではない。周囲が気をもむ理由は、国民から見えないところでの雅子さまのご様子にある。

「最近も、皇居・御所での要人の接遇や事務方との打ち合わせを、体調不良を理由に欠席されることが連続しているというのです。

 一部の宮中祭祀や勤労奉仕団への会釈は皇太子妃時代と変わらずされていません。宮中祭祀はおおむね“陛下のお務め”ではありますが、平成時代には美智子さまがお出になることも多かった。それに比べると、雅子さまは御所にこもられ『お慎み』になる場合が多い。コロナ禍が一段落し、順調に増えてきた公務の反動ではないかと不安視する声もあります」(前出・宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト