国内

愛子さまが日赤に就職、その裏で宮内庁ホームページで不穏な動き “活動記録”はなぜ削除されたのか

実務的な仕事を希望されているという(2023年12月、東京、港区。写真/JMPA)

実務的な仕事を希望されているという(2023年12月、東京、港区。写真/JMPA)

 愛子さまの日赤就職という選択は、世間に大きな驚きを与え、同時に祝福された。皇室全体を深慮され、公務と仕事の両立という道に歩を進められる愛子さま。しかし宮内庁内では、そのご覚悟に水を差しかねない不可思議な事態が起きていた。

 日本赤十字社(以下、日赤)への就職内定後、初めてのご訪問だった。2月1日午後、天皇家の長女・愛子さまが、内定者向けの説明会などに出席されるため、日赤本社(東京・港区)を訪問された。愛子さまは正門から入られる際にお車の窓を開けられ、関係者らに会釈をされた。

「いつもは弾けんばかりの笑顔を見せられることが多いですが、どこか緊張された面持ちでした。一般の内定者と同じようにリクルートスーツをお召しになっていたのが印象的でした」(皇室記者)

 この日、一社会人になられるための一歩を踏み出された愛子さま。一方、同日に宮内庁では「愛子さまのご日程」に関する不穏な動きがあった──。

 日赤への就職内定が発表されたのは、1月22日のこと。愛子さまはかねて、両陛下のご活動や大学の授業などを通じて福祉活動全般にご興味を持たれ、2022年、成年に際するお誕生日会見では、災害ボランティアへのご関心を明かされた。日赤への就職はご自身が強く希望されたという。

「愛子さまは、かなり前から日赤に就職したいというご意向をお持ちだったそうですが、そのことを知っていたのはごく一部のみ。ご卒業後の進路は、大学院進学か海外留学とみられていたなかでのサプライズ発表でした」(宮内庁関係者)

 1日、愛子さまの日赤本社のご滞在時間は5時間に及んだ。社内を見学されたり、ほかの内定者と共に説明を聞かれたりしたという。

「日赤への就職は愛子さまのご希望を日赤側が快諾したという形で成立しています。つまり、一般的な就職活動はされていません。愛子さまは天皇家の長子であり、日赤の名誉総裁を務められる雅子さまの娘というお立場です。むしろ、唯一無二のお立場にあるご自分だからこそ、いかに日赤に貢献できるかを、愛子さまは模索されるのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

 現状、嘱託職員としての勤務が決まっており、具体的な業務内容や勤務形態は調整中だとされているが、しばらくは実務的な仕事をされたいというご意向が強いようだ。

「最低限の警備等の必要はありますが、宮内庁側からは“ことさらに特別扱いの必要はない”とお願いされているそうです。ほかの新人と同じように、デスクでの事務的な作業や電話対応をされる可能性もあります。実務的な仕事を希望される背景には、外交官としてゼロから華々しいキャリアを積まれた雅子さまへの憧れがあるのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 別の宮内庁関係者はこう話す。

「ゆくゆくは国内外でのボランティアおよび、日赤の国際貢献のための任務にも取り組まれるとみられています。場合によっては、日赤で勤務経験も積まれたのちに留学される可能性もあります。

 地方公務の際には、その土地の日赤の病院を訪問されることもあるでしょう。また、名誉総裁の皇后さまがお出ましになられる行事にもかかわられるのではないでしょうか。雅子さまとの“親子共演”もあるかもしれません」

 愛子さまが進学でも留学でもなく就職をご決断されたのは、皇族としてのご活動が念頭にあるからだ。

「公務と日赤での仕事を両立させるため、『嘱託職員』という形を選ばれたそうです。公務を担われる皇族数は減少の一途です。両陛下のみならず、皇室全体を成年皇族としてお支えしたいという強いお気持ちもあるのでしょう」(前出・皇室記者)

 進路選択において、天皇家の長子という「公」のお立場を優先させられた愛子さま。しかし、そのご覚悟の裏側で、不気味なトラブルが起こっていた。

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン