スポーツ

【全文公開】羽生結弦、2人の女性によって崩れる「秘密主義」 元妻は音楽活動を本格化、新しい楽曲も準備 これまでのことも語り始めるか

羽生結弦の「秘密主義」も崩れた

羽生結弦の「秘密主義」も崩れてきている(写真/AFLO)

「羽生結弦」──その重すぎる看板は、彼と彼の周囲の人間に異様なまでの秘密主義を強いていた。彼が守ろうとした「羽生結弦像」がいま、2人の女性によって崩されようとしている。

《昨年、私の元彼が結婚しました。そのときは“ああ……”って気持ちになったけど、3か月後に離婚したときは、“アハハ”って思っちゃいました》

 平昌五輪のフィギュアスケート女子シングルで銀メダルを獲得したロシアのエフゲニア・メドベージェワ(24才)が1月29日、自身のYouTubeに動画を投稿し、ゲストとのトークのなかで「元彼」の近況をこう明かした。名前こそ出さなかったものの、熱心なフィギュアスケートファンは、こう感じたようだ。

「点と点がつながった感じ。あの頃から彼は秘密主義者だったわけね……」

 昨年11月17日の深夜に羽生結弦(29才)がバイオリニスト・末延麻裕子さん(36才)との離婚を発表してから約3か月。結婚、そして離婚に至るまでの期間を揶揄して「105日婚」などとも呼ばれたが、その実態は一向に見えてこなかった。

 蓋を開けてみれば、結婚相手の女性は、著名なバイオリニストだったわけだが、羽生は《私、羽生結弦は入籍する運びとなりました》と報告したきり、相手女性の名前も年齢も職業も伏せたまま。生活を共にしているはずの妻の姿は、自宅周辺でも一切目撃されなかった。そして《お相手と私自身を守り続けることが極めて難しく》なったという理由で、唐突に離婚を発表した。

 この言葉に対し、末延さんの周囲からは強い非難の声が上がった。『週刊文春』(2023年12月27日発売)で「(羽生の言うことは)全部、嘘ですよ」と怒りの声を上げたのは、化粧品関連会社を経営する安田正氏(82才)である。

「安田氏は末延さんの父親と旧知の仲で、11年前に末延さんの父親が亡くなってからは、後見人のようにして彼女を支えてきました。バイオリニストとしての活動も支援してきた彼は、羽生さんが末延さんを家から出さず、音楽活動も禁じていたことに憤慨していた」(末延さんの知人)

 結婚相手を隠し通そうとした羽生だが、冒頭のメドベージェワの発言は、羽生がひた隠しにしてきたもうひとつの“交際”を白日の下に晒すことになった。

「メドベージェワは2018年、羽生さんと同じブライアン・オーサーコーチに師事するために、11年間指導を受けてきたコーチとの関係を解消し、カナダに渡りました。彼女が振付師も衣装デザイナーも羽生さんと同じ人を指名したこともあって、当時は2人の熱愛が盛んに報じられました」(フィギュアスケート関係者)

 2018年、熱愛報道が過熱したことを気にしたのか、羽生はアイスショーの終演後の取材でこう答えている。

「変な報道があってビックリしました。ぼくは全然関与していない。別の世界の知らない羽生結弦っていう人がいるんだな」

 しかし、当時を知る関係者はこうも証言する。

「2人が近しい関係にあることは周囲の目には明らかだった。“なぜこれほどまでに彼女を突き放したのか”と、多くの関係者が首を傾げていましたよ。今回のメドベージェワの発言は、事実上の“暴露”でしょう。“元彼”、羽生さんへの意趣返しのようにも感じますね」

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン