国内

【9割賛成の調査結果も】女性天皇についての議論は膠着状態 結婚に関して身動きが取れない愛子さまが卒論に選んだ「生涯未婚の内親王」

「夢みる光源氏」展を鑑賞される愛子さま

女性天皇についての議論の進捗が愛子さまの今後にも影響する可能性(写真は「夢みる光源氏」展を鑑賞される愛子さま。時事通信フォト)

 愛子さまは今年の歌会始の儀で、平安時代の和歌が千年の時を経て受け継がれ、ご自身の心に響くことへの感銘を詠まれた。天皇家の長子で女性皇族という特殊なお立場にある愛子さまは、同じような立場にあった平安時代の皇族や貴族の作品に触れ、喜怒哀楽を感じられることで、勇気づけられているのかもしれない──。

 5月11日、愛子さまは皇居のほど近くにある国立公文書館(東京・千代田区)で、春の特別展「夢みる光源氏 -公文書館で平安文学ナナメ読み!-」をご視察された。この日は愛子さまにとって初の単独公務だった。もともと愛子さまは大学で平安時代の文学を熱心に研究された“専門家”でもある。愛子さまは担当者の説明を聞き、時に質問をされながら、展示を回られた。細部までご覧になるために、眼鏡を取り出される場面もあったという。

 皇室ジャーナリストは、初の単独公務に『源氏物語』に関連するものを選ばれた背景に、悠仁さまへの配慮もあったのではないかと分析する。

「『源氏物語』などに関する分野は、愛子さまのライフワーク同然ですから、公務でありながら、社会貢献とはニュアンスの異なる“研究の延長線上”でもあるという見せ方ができます。人気が高まるばかりのいま、愛子さまは、将来の天皇である悠仁さまに対して、細やかな気配りをせざるを得ない状況にあるのです」(皇室ジャーナリスト)

 皇族数の確保と安定的な皇位継承という皇室の喫緊の課題に関して、これまで遅々として議論は進まなかったが、一転して、昨年秋頃から具体的な案が検討されてきた。ひとつは、皇族数の確保の方策として「女性皇族は結婚後も皇族の身分を保持する」という案である。現行の皇室典範に則れば、女性皇族は結婚によって皇室を離れることとなるので、この案が正式決定すれば大きな転換点となる。

 4月末には、新たな調査結果が発表された。共同通信社がまとめた皇室に関する全国郵送世論調査によれば、女性天皇を認めることに90%が賛同したという。

「以前にも女性天皇を認めるという意見はありましたが、調査では70~80%ほどにとどまっていました。90%は過去最高値です。回答した国民が愛子さまの存在を念頭に置いていることは自明です。今後、公務やお出ましを通して愛子さまの存在が国民の目に触れれば触れるほど、『愛子天皇』を望む声は大きくなるばかりでしょう」(皇室記者)

 しかし、2022年に国会に提出された政府の有識者会議の最終報告書では、皇位継承において、悠仁さままでの流れは「ゆるがせにしてはならない」とされた。

「愛子さまのお立場はかつてないほど複雑な状況にあります。結婚によって皇室を離れる可能性がありながら、議論の行く末によっては、生涯皇族の可能性もある。それどころか、政府が国民の声に応えようとすれば、即位の可能性も出てくるのです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 仮に即位されるとなれば、愛子さまは現在のような形で日赤での仕事に没頭されたり、ご友人とつきあわれたりすることは難しくなるだろう。結婚のハードルも格段に高くなるに違いない。そうでなくても、議論が俎上に載っている以上、愛子さまは結婚に関して身動きを取ることができないだろう。

「女性皇族の結婚後についての議論は、愛子さまが皇室に残られることを前提に進んでいるといっていい。愛子さまも状況は理解されているでしょうから、唐突にご結婚されることはないでしょう。しかし、どのような落としどころで、いつまでに結論が出るのかは、依然として不透明です。このまま何年も膠着状態が続けば、愛子さまはいつまでも未婚の皇族でいることを強いられることになってしまいます」(宮内庁関係者)

 自由に恋愛することもままならないなかで、愛子さまが「学業の集大成」として選ばれた卒業論文のテーマは、「式子内親王とその和歌の研究」だった。

関連記事

トピックス

1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン