滝川クリステル一覧/4ページ

【滝川クリステル】に関するニュースを集めたページです。

【動画】滝川クリステル 男児誕生! 出産直前、神社で手を合わせる姿
【動画】滝川クリステル 男児誕生! 出産直前、神社で手を合わせる姿
 小泉進次郎環境相と滝川クリステルさんに第1子となる男の子が誕生しました。出産直前、女性セブンは神社に安産祈願する滝川クリステルさんの姿をキャッチしていました。 居合わせた参拝客によると「かなり大きくなったお腹にゆっくりと手を当ててから、二礼二拍手。そのあと、1分くらい手を合わせていました」とのこと。 傍らには、愛犬アリスの姿も。今回の出産には小泉環境相も立ち会ったとのことで、母子ともに健康だそうです。
2020.01.17 16:00
NEWSポストセブン
2000年代「女子アナ=局アナ」の常識を破った2人の女性
2000年代「女子アナ=局アナ」の常識を破った2人の女性
 熾烈な競争を勝ち上がった局アナの中でもさらに人気と実力を兼ね備えたアナウンサーだけが、看板番組のキャスターの座を射止めることができる。しかし、その“常識”を覆した女子アナたちがいる。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏がいう。「2000年にフジテレビ系列の共同テレビに入社した滝川クリステルさんと相川梨絵さんです。2人はフジテレビを受験するも最終面接で惜しくも不合格になってしまったのですが、救済措置として共同テレビに初の新卒アナとして採用されます。 2人とも入社直後からフジテレビに出向する局アナ扱いで活動し、滝川さんは2002年より7年間、フジの夜の報道番組『ニュースJAPAN』のキャスターを担当しました。元々はあの安藤優子さんがキャスターを務めていましたし、現在の同時間帯の報道番組『FNN Live News α』を看板アナであるミタパンこと三田友梨佳アナが担当していますから、この抜擢がいかに異例のことか分かると思います。相川さんはバラエティや情報番組で活躍、『笑っていいとも!』で覚えている方も多いのではないでしょうか」 当時のフジは女子アナ人気が全盛の時代。しかしながら、毎年の採用は少なく慢性的な女子アナ不足に陥っていた。そんな状況を2人のように“局外”から支えていたのが、フリーアナウンサーを数多く抱える芸能事務所「セント・フォース」だ。「1999年に『めざましテレビ』の2代目お天気キャスターとしてセント・フォース所属だった吉田恵が起用され人気を博した。そこから『お天気お姉さんといえばセント・フォース』といったイメージが浸透しました。その後、小林麻央さんや高樹千佳子さんはメインMCを任されるようになり、一気にフリーアナが台頭するようになった。最近ではテレ朝を退社した小川彩佳アナが『NEWS23』に移籍して大きな話題を呼びました」 とはいえ、看板番組は基本的に局アナメインという状況は現在も大きくは変わっていない。今後、「第2の滝クリ」は現われるのか──。※週刊ポスト2020年1月17・24日号
2020.01.17 07:00
週刊ポスト
滝川クリステル、夫・小泉進次郎の元不倫相手が友人で困惑
滝川クリステル、夫・小泉進次郎の元不倫相手が友人で困惑
「年末には、夫婦そろって地元の挨拶回りに来るかと思ったのですが、叶わなかったようです。進次郎さんも帰ってきにくい状況なんでしょう」 小泉進次郎環境相(38才)の地元、神奈川県横須賀市の支援者は、言葉少なにこう語った。 昨年8月に滝川クリステル(42才)との結婚と、妻の第一子妊娠を発表後、進次郎氏は“妻ファースト”の日々を送っている。 進次郎氏は結婚後も東京・赤坂にある議員宿舎に住んでいるが、夜な夜な滝川が独身時代から暮らすマンションへと帰宅する。彼女は大型犬を飼っているが、宿舎は動物の飼育が禁止。新婚生活を送るには妻の自宅しかない。また、滝川が「横須賀には住まない」と宣言しているため、地元に戻る機会も減っているようだ。 そのスタイルは、年の瀬も変わらなかった。12月27日の午後、滝川は自ら高級外車を運転し、会員制のスパ&フィットネスクラブへと向かった。その後、友人宅で時間を潰してからディナー会場へ。「東京・西麻布にある芸能人御用達の豚しゃぶ店です。女性の友達数人と食事を楽しんでいましたよ。この1月に出産予定で、お腹も大きくなっていたのに夜遅くまで出歩いていて、アクティブなかただと思いました」(居合わせた客) 自宅に帰ったのは夜の11時を回っていた。一方の進次郎氏は、そんな妻を優しく見守っているという。「大臣になって初めての年越しだから、横須賀に帰るのかと思ったら、滝川さんの自宅で過ごしたようです。この日は彼女の家族が遊びにきていたので、そちらを優先したのでしょう。妻の家族に囲まれ、マスオさん状態の大晦日(笑い)。ある意味で妻のご機嫌取りのように見えますが、彼はそうするしかなかった」(滝川の知人) 理由は、この年末に『週刊文春』が報じた進次郎氏と既婚者の女性実業家A子さんとの不倫疑惑にあるという。もっとも、不倫関係にあったのは2015年頃で、滝川との交際前だが…。「実はそのA子さん、滝川さんの友人なんです。8月の結婚会見後、A子さんは滝川さんとの2ショットをSNSに公開し、お祝いメッセージを彼女に送っていた。不倫報道後、投稿を削除していますが、本当に祝福する気があったのか…ふたりの関係を知らなかった滝川さんはひどく困惑したそうです。釈明に追われた進次郎さんは、妻に頭が上がらない状態です」(前出・滝クリの知人) 大臣就任後、言葉に重みがないといわれ続けている進次郎氏だが、それは妻も痛感しているのかもしれない。※女性セブン2020年1月16・23日号
2020.01.09 07:00
女性セブン
【動画】滝川クリステル、夫・進次郎の元不倫相手が友人で困惑
【動画】滝川クリステル、夫・進次郎の元不倫相手が友人で困惑
 年末に既婚者の女性実業家A子さんとの不倫疑惑を報じられた小泉進次郎氏。不倫関係にあったのは2015年頃で滝川さんとの交際前でしたが滝川さんは困惑しているようです。滝川さんの知人は、「そのA子さん、滝川さんの友人なんです。8月の結婚会見後A子さんは滝川さんとの2ショットをSNSに公開しお祝いメッセージを彼女に送っていた。不倫報道後、投稿を削除していますが本当に祝福する気があったのか…」と証言しています。
2020.01.09 07:00
NEWSポストセブン
【動画】滝川クリステル 年明け出産後は「ママタレ」として復帰か?
【動画】滝川クリステル 年明け出産後は「ママタレ」として復帰か?
 年明けに出産を控えている滝川クリステルさん。出産後の活動に注目が集まります。滝川さんの知人によると「復帰を焦るつもりはないようですがある程度育児が落ちついたらレギュラー番組に戻る意向だと聞いています。ライフワークとしている動物愛護活動に多額の費用がかかることもありCMやテレビ出演での収入は今後も重要だと考えているようです」とのこと。2020年はママタレとして活躍する姿が見られるかもしれません。
2019.12.27 07:00
NEWSポストセブン
滝川クリステル 年明け出産後は子育て専念か早期復帰か
滝川クリステル 年明け出産後は子育て専念か早期復帰か
 自民党の小泉進次郎・環境相との電撃結婚発表から早5か月。年明けに出産を控えている滝川クリステル(42)。進次郎氏の閣僚入りに伴う資産公開で、2億9001万円もの有価証券を保有していることが明らかになり、世間を驚かせた。「公開された有価証券の他にも不動産がある。都内高級住宅街のマンションに暮らしており、両親が暮らす一戸建ても所有している。それらを合わせると総資産は5億円とも6億円とも言われています。 12月半ばまで滝川は精力的に仕事を続けていたが、現在はすべてをストップ。自宅マンションでのんびりしながら、進次郎氏の帰りを待つ日々だそうです」(芸能記者) 気になるのは、出産後の活動だ。すぐにタレントとして復帰するのか、それとも今後は「代議士の妻」としての役割に軸足を置いていくのか。滝川の知人はこう語る。「復帰を焦るつもりはないようですが、ある程度育児が落ちついたらレギュラー番組に戻る意向だと聞いています。ライフワークとしている動物愛護活動に多額の費用がかかることもあり、CMやテレビ出演での収入は今後も重要だと考えているようです」 2020年は“ママタレ”として活躍する姿が見られるか。※週刊ポスト2020年1月3・10日号
2019.12.25 07:00
週刊ポスト
山田美保子氏が振り返る今年の芸能界「令和婚と事件の二極化」
山田美保子氏が振り返る今年の芸能界「令和婚と事件の二極化」
 ビッグカップルの誕生や芸能界に端を発した事件も多かった2019年。放送作家の山田美保子さんは、この一年をどう捉えたのだろう。2019年の芸能・社会を振り返る。■山田美保子さんの選ぶ2019年芸能・社会ニュース【1】雅子さま、涙の即位礼【2】ジャニー喜多川さん死去【3】嵐の休止発表&ニノの結婚【4】沢尻エリカ、薬物で逮捕(ピエール瀧、田口淳之介ほか著名人の逮捕多数)【5】笑わない男・稲垣啓太選手ほか、ラグビーフィーバー【6】小泉進次郎&滝川クリステル結婚【7】南海キャンディーズ・山里亮太&蒼井優結婚【8】宮迫博之ほか、闇営業で活動休止【9】新井浩文被告が強制性交で逮捕【10】剛力彩芽が前ZOZO社長・前澤友作氏と破局 * * * 念願の『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした『純烈』のメンバーに女性スキャンダルが勃発して、まさかの脱退に続いて、国民的アイドル・嵐が活動休止を発表するなど、年号がわりを目前に、衝撃的な大ニュースが連続。ピエール瀧さん(52才)、新井浩文被告(40才)、チュートリアル徳井義実さん(44才)、そして沢尻エリカ被告(33才)ら、映画やテレビ、CMなどで見ない日はない人気者が、いきなり目の前から消えてしまう不祥事も連続して起きてしまいました。その都度、キャストやスタッフが声高に主張していたのが、「作品に罪はない」という論調。なかでも、「垂れ流し感のあるテレビは無理かもしれないけれど、お金を払って観に行く映画や舞台なら公開を自粛しなくてもいいのではないか」という意見に「賛成」という人たちは少なくなかったと思います。 とはいえ、新井浩文被告を例にとると、主演ではなかった『台風家族』は、延期されながらも公開できたのに、W主演の1人として名前を連ねていた映画は公開中止に。その内容も関係していたようですが、こうしたケースにまつわる賛否の結論は2020年に持ち越されてしまいそうです。 一方、「令和婚」ラッシュともいうべき結婚のニュースが相次いだのも2019年。特徴としては、小泉進次郎氏(38才)と滝川クリステルさん(42才)を筆頭に、われわれマスコミが全くマークしていなかったカップルや、ウワサにもなっていなかった人たちが、「完璧なる室内デート」(嵐の二宮和也さん)や、「交際0日」「電撃的逆プロポーズ」(イモトアヤコさん・33才)などで次々とゴールインしていったこと。その背景にあるのは、週刊誌の張り込みや写真誌のカメラマンよりも怖い“一般人のSNS”の存在があったといわれています。確かに、街中での目撃情報や、芸能人のインスタやブログの解析がプロ並みの一般のかたたちは、裏どりナシで(苦笑)すぐにアップしてしまう。そこから派生していくウワサに翻弄される前に、サッサと決めて結婚してしまおうということになったのでは。 個人的には、「75才までグラビアをやりたい」という妻・橋本マナミさん(35才)の希望を聞き入れた勤務医の男性や、壇蜜さん(39才)にリアルに「ハァハァ」したせいなのか婚姻届に記述ミスをした清野とおるさん(39才)に興味津々です。先日、会った30代女子は「メイプル超合金の安藤なつさん(38才)には、これまででもっとも先を越された感を抱いた」と言っていました。 また、バラエティーの放送作家の私としては、いわゆる闇営業問題には、現在進行形で振り回されているところ。いまだ謹慎が解けない芸人がいるのに、「桜を見る会」のさまざまな疑惑は追及も判明も解決も、いまだ半ばだということには不公平感が否めません。 そして忘れてならないのがジャニー喜多川さん(享年87)の逝去。「お別れ会」の席で改めて、その偉業が参列者に披露されましたが、そのジャニーさんの「子供たち」にとって、さまざまなことが起こった年でもありました。 しかし、嵐が天皇皇后両陛下の前で歌声を披露したり、櫻井翔さん(37才)がSPサポーターとなったラグビーW杯において、日本代表がベスト8になったりと、天国のジャニーさんが喜んでくださっているであろうこともたくさんありました。それらがオリパラ・イヤーへの布石となっていることは間違いありません。※女性セブン2020年1月2・9日号
2019.12.24 07:00
女性セブン
週刊ポスト 2020年1月3・10日号目次
週刊ポスト 2020年1月3・10日号目次
週刊ポスト 2020年1月3・10日号目次2020年「お金の手続き」大激変を知っていますか? 特集◆ヤクザ世論調査 現役組員100人に聞きました◆「EDに克つ」今、できることのすべて 2020年は精力回復元年◆“ONE TEAM”になれなくて…日本ラグビープロ化構想が空中分解寸前に!◆上原浩治 我がライバル、松坂大輔へ◆初詣に行きたい全国11 健康長寿の神さま◆「恨の国」の正体 後編井沢元彦『逆説の日本史』特別編◆キリンホールディングス 磯崎功典社長「飲料」から「健康」へ ファンケルとの提携は第一歩です◆年末年始特番バトルで女子アナ「五輪の顔」が決まる!◆球界レジェンドの告白  「あの決断、やり直せたら、俺は今頃…」◆ビートたけし「妄想AVネーミング大賞」2019◆2019安倍政権「言い逃れ」文学賞「失言」よりも「暴言」よりもタチが悪い◆京都大学現役医師が教える「正しい医者のかかり方」あなたの命を守るQ&A30◆三菱vs三井「150年戦争」の現在地日本経済を動かす二大財閥グループの覇権争いを大解剖ワイド◆宮迫博之・田村亮・徳井義実◆ピエール瀧◆沢尻エリカ◆新井浩文◆嵐・二宮◆滝川クリステル◆後藤真希◆純烈◆渋野日向子◆ラグビー・福岡堅樹◆稀勢の里◆池江璃花子◆タマネギ男・曺国◆飯塚元院長◆あおり運転◆カリタス小学校◆お茶の水中侵入事件◆新宿ホスト殺人未遂事件◆京アニ放火事件◆神戸・教員いじめ事件グラビア◆箱根駅伝100年の襷リレー◆『男はつらいよ』私が愛したマドンナ◆元NHKアナウンサーの官能小説朗読会◆美女23人が○○○やってみた◆あなたも買える「春画」カタログ◆特別付録 麻田奈美&アグネス・ラム両A面超特大ポスター◆東京で拝める「令和最初の初日の出」◆子年生まれの美 晴れ着◆新年に一献いかがですか?◆常盤貴子 いつまでも見ていたいひと◆なをん。神戸の女美乃vs湘南の女夕子◆染谷有香 Honey Trap◆マドンナALLSTARS 肉欲diary連載・コラム◆呉智英「ネットのバカ 現実のバカ」特別編 なぜ保守は“数え年”にこだわるのか【小説】◆新連載 平岡陽明「道をたずねる」【コラム】◆二題噺リレーエッセイ 作家たちのAtoZ◆須藤靖貴「万事塞翁が競馬」◆広瀬和生「落語の目利き」◆堀井六郎「昭和歌謡といつまでも」◆秋本鉄次「パツキン命」◆戌井昭人「なにか落ちてる」◆春日太一「役者は言葉でできている」◆大竹聡「酒でも呑むか」◆綾小路きみまろ「夫婦のゲキジョー」◆大前研一「『ビジネス新大陸』の歩き方」◆高田文夫「笑刊ポスト」【コミック】◆やく・みつる「マナ板紳士録」◆とみさわ千夏「ラッキーな瞬間」◆中島守男「袋小路家のニチジョー」【情報・娯楽】◆のむみち「週刊名画座かんぺ」◆恋愛カウンセラー・マキの貞操ファイル◆医心伝身◆ポストパズル◆プレゼント◆法律相談◆ポスト・ブック・レビューこの人に訊け! スペシャル◆坪内祐三の美術批評「眼は行動する」
2019.12.23 07:00
週刊ポスト
「お・も・て・な・し」は今も印象に残る(AFLO)
2010年代新語流行語大賞 爆買い、忖度、そだねーなど
 12月になり「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表されると、いよいよ1年の終わりが近づいたと感じさせられる。2010年代の主な「年間大賞」を振り返ってみよう。■2013年【お・も・て・な・し】 IOC総会での東京五輪招致の最終プレゼンで滝川クリステルがPRに使った言葉。この年はほかにも「今でしょ!」「倍返し」が受賞している。滝川は今年8月、小泉進次郎氏との結婚と第一子妊娠を発表した。■2014年【ダメよ~ダメダメ】 お笑いコンビ・日本エレキテル連合のコント「未亡人朱美ちゃんシリーズ」で「朱美ちゃん」から発せられるセリフ。同時に受賞したのが「集団的自衛権」だっただけに、政治的なメッセージになっているのではないかと話題になった。■2015年【爆買い】 2003年に開始した「ビジット・ジャパン・キャンペーン」により、当初約500万人だった訪日外国人が、2015年には2000万人に迫るほどに増加。中国人の訪日客は、日本の菓子や医療品などを中心に「爆買い」し、インバウンド特需が生まれた。■2016年【神ってる】「神懸っている」という言葉を省略し、若者の間やネットスラングで使われていた言葉。広島カープの緒方孝市監督が息子との会話で聞いたこの言葉を談話の中で用いて広く浸透し、2016年の優勝の象徴語としても使われた。緒方監督は今季終了後、成績不振を理由に辞任。■2017年【忖度】 学校設置認可と国有地払い下げ問題を発端とした「モリカケ問題」で注目された言葉。本来は相手を慮る意味の言葉が口利きの代名詞として広まった。国会で「忖度」を口にした籠池泰典氏は、2017年に森友学園の理事長職を辞任した後、補助金不正受給の容疑で逮捕された。 当時発売された「忖度まんじゅう」生みの親でヘソプロダクション代表の稲本ミノルさんが、受賞の思い出を語った。「便乗と揶揄されることも予想しつつ忖度にあやかって『忖度まんじゅう』を発売したのですが、思った以上に反響があり驚きました。関西人らしくユーモアをもって『忖度』という言葉に向き合い商品を開発しました。しかも授賞式に呼ばれるとは。 式では『誰や?』『なんで?』という失笑が漏れてきて、受賞経験のない私は余計に緊張しました。式後に姜尚中先生が『応援してるよ』と握手をしてくださり、とても嬉しかったのを覚えています」■2018年【そだねー】 平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表チームが、試合中に口にしていた北海道弁。同チームが休憩時間におやつを食べる「もぐもぐタイム」など、勝負の世界で垣間見えるほっとするやり取りが好評を得た。※週刊ポスト2019年12月13日号
2019.12.02 07:00
週刊ポスト
【動画】小泉進次郎氏、議員宿舎と滝クリ宅の二重生活はルール違反?
【動画】小泉進次郎氏、議員宿舎と滝クリ宅の二重生活はルール違反?
 小泉進次郎・環境相と滝川クリステルさんの住まいに注目が集まっています。結婚後の現在も東京・赤坂の議員宿舎に住みながら滝川さんが独身時代から暮らすマンションにも帰っている進次郎氏。議員宿舎には「東京23区内に住居を所有する議員」は入居できないというルールがありますが本ケースはどうなるのでしょうか。衆議院事務局広報課によると「違反とは言えない」とのこと。配偶者が所有する住居が23区内にありそこに住みながら議員宿舎にも住居を持つというのは認められているようです。
2019.11.20 07:00
NEWSポストセブン
【動画】滝川クリステル 進次郎氏より遅い帰宅の「連日夜遊び」写真
【動画】滝川クリステル 進次郎氏より遅い帰宅の「連日夜遊び」写真
 11月上旬、時計の針が23時を回った都内の高級住宅街。滝川クリステルさんが、知人宅から出てくる姿をキャッチしました。
2019.11.18 07:00
NEWSポストセブン
携帯片手に歩く進次郎
小泉進次郎、議員宿舎と滝クリ宅の二重生活にルール違反疑惑
 新婚生活をスタートさせた小泉進次郎・環境相(38才)と滝川クリステル(42才)。2人の住まいが注目を集めている。 進次郎氏は結婚後の現在も、東京・赤坂の議員宿舎に住んでいる。都心の一等地にあり、地上28階、地下2階という豪華な建物で、家具付きの3LDK。広さは80平方メートルを超える。それでいて家賃は月約13万8000円という安さだ。「同じエリアにある同レベルの賃貸マンションは月60万円前後が相場なので、議員宿舎は破格の安値です。もちろん、相場の差額を補填しているのは税金です」(政治部記者)◆滝クリの自宅に警護が必要 しかしこれだけ優遇された宿舎がありながら、進次郎氏は滝川が独身時代から暮らすマンションに帰っている。議員宿舎には「東京23区内に住居を所有する議員」は入居できないというルールがある。進次郎氏は“二重生活”を送っており、都心に2つも家を持つというのは、国民感情を逆撫でしかねない。実際、過去にはこの問題で大やけどをした議員もいる。 2013年には、三原じゅん子参議院議員(55才)が、両親を議員宿舎に住まわせながら、自身は都内の高級マンションで暮らしていると報じられ、釈明に追われた。 2014年には、法務大臣に就任した松島みどり衆議院議員(63才)が、墨田区に自宅があるにもかかわらず、議員宿舎に入居していることが猛批判を浴びた。 進次郎氏のケースに戻れば、議員宿舎と滝川のマンションは車でわずか10分。となれば、さらに世間から猛批判を浴びる可能性が高い。しかし、衆議院事務局広報課によると本ケースは「違反とは言えない」という。「確かに議員宿舎には、『東京23区内に住居を所有する議員は入居できない』というルールがあります。しかし、配偶者が所有する住居が23区内にあり、そこに住みながら、議員宿舎にも住居を持つというのは、咎められることではありません」 滝川が契約者である限り、問題はないということだ。だが、ルールにかかわらず「議員宿舎を出て滝川と住めばいいのではないか」という指摘もある。「小さな批判がどういう火種になるかわからないということは、進次郎さんが誰よりもわかっているはず。なのに“二重生活”を続けざるを得ないのは、やはり彼女に気を使っているからなのではないでしょうか」(進次郎氏を知る関係者) 気を使う理由は、大臣警護にある。国務大臣には公務・プライベートを問わず、外出時にはセキュリティーポリス(SP)が付き添い、身辺を警護する。また大臣の自宅前にはポリスボックス(警察の簡易派出所)を設置するケースが多い。「進次郎さんは注目度が非常に高い大臣であり、厳重に警護すべきVIPです。滝川さんのマンションに定住するならそこにポリスボックスを設置すべきだし、あくまで外泊という認識なら、マンション内でも警護が必要。進次郎さんの身に危険が及んだ場合、警備の責任問題に発展します。警察にとっては頭が痛い問題でしょうし、進次郎さんはもう少し大臣としての自覚を持って行動すべきです」(要人警護に詳しいジャーナリスト) 進次郎氏が滝川のマンションで暮らすとなると、滝川も手厚い警護下に置かれることになる。「滝川さんは自由人なので、監視されることを人一倍嫌うんです。例えば、深夜に外出する姿を逐一警察官に見られていたらと思うと嫌なのかもしれません。彼女の気持ちを慮るがゆえに、進次郎さんはスキャンダルにも発展しかねない“危険”な生活を送っているのではないかと訝る声もあがっています」(前出・進次郎氏を知る関係者) 新大臣はこの“いびつ”な新婚生活をどう考えているのか。進次郎氏の事務所に二重生活と警護に関する質問書を送ったが、期日までに回答はなかった。 冒頭の翌日、進次郎氏と滝川はSPと思しき男性らと、進次郎氏の父・小泉純一郎元首相が住む都内のマンションを訪れた。「純一郎さんもお腹の赤ちゃんが男の子と聞いて、大喜びしています。『クリスタルちゃん、よくやった』と、周囲にもデレデレ。純一郎さんからすればそれだけでも“嫁としての大任は果たした”という感じなんでしょう。ただ、進次郎さんの今後がやっぱり心配でなりません」(前出・進次郎氏を知る関係者) 1時間ほど過ごした後、ふたりは滝川のマンションにそろって帰宅すると、この日もそこでSPらしき男性は帰っていった。 国民感情を逆撫でする“ルール違反”と“気を使う妻”。進次郎氏にとって気が気でない日は続きそうだ。※女性セブン2019年11月28日号
2019.11.15 16:00
女性セブン
友人との会に参加した滝川
進次郎より遅く深夜に帰宅 滝川クリステル主導の新婚生活
「彼は夜が遅いから…」。11月上旬、時計の針が23時を回った都内の高級住宅街。知人宅から出てきた女性が、お腹に手をやりそうつぶやく。隣を歩く女性とひとことふたこと言葉を交わすと、お腹に手を当てた女性はひとりタクシーに乗り、高級マンションへと帰っていった。 遡ること1時間前。そのマンションに、運転手付きのワンボックスカーで一足先に“帰宅”する男性の姿があった。一緒に車から降りたスーツ姿の男に「ここでいいよ」と告げたのか、男性は手慣れた様子でひとりマンション内に消えた。 この男女は、小泉進次郎環境相(38才)と滝川クリステル(42才)夫妻だ。滝川の冒頭のつぶやきとは裏腹に、夫は妻よりも早く家に到着していた。 滝川はその翌日の晩も、10人ほどの女子会に参加した。結婚・妊娠のお祝いだろうか、紙袋を抱えて23時過ぎに帰宅したが、この日も進次郎氏は妻より先にマンションに姿を見せていた。「進次郎さんは超多忙の中、身重の妻を気遣って早めの帰宅を心がけています。ですが滝川さんは連夜のお祝いが絶えないようで、夜な夜な“現役大臣より忙しいスケジュール”をこなしている。お腹の子が男の子とわかったこともあって、小泉家の“跡継ぎ問題”にもメドが立った。“夜遊び”できる心境なんでしょう。ただ急に寒くなってきたこの時期に、お腹が冷えそうなミニスカワンピで深夜帰りとは驚きます。“滝クリ流”というんでしょうか。 しかも進次郎さんが先に帰宅しているのに、後から帰れるというのはすごい。ああ、滝川さんが家庭の手綱を握っているんだなと思いました。夫婦仲が心配になります」(進次郎氏を知る関係者) 結婚発表から3か月弱、「(進次郎氏の地元である)横須賀には住まない」「赤坂の議員宿舎にも住まない」「資産は5億円」など、滝川の自由奔放な発言や華麗な人脈は枚挙にいとまなく報じられてきた。「滝川さんの資産を“ネタ”に、進次郎さんは“完全に尻に敷かれている”“家庭での扱いは犬以下”など、新婚生活をネガティブに報じたメディアもあります。それだけに、滝川さんにはもう少し慎んだ行動をしてほしい。男性の史上最年少大臣という正念場なのに、進次郎さんは滝川シフトの生活に染まりすぎている」(前出・進次郎氏を知る関係者)※女性セブン2019年11月28日号
2019.11.14 16:00
女性セブン
小泉純一郎元首相が住む都内のマンションを訪問するふたり
小泉進次郎&滝川クリステル 純一郎氏に会いに行く2ショット
 小泉進次郎・環境相(38才)と滝川クリステル(42才)が11月上旬にある日、SPと思しき男性らと、進次郎氏の父・小泉純一郎元首相が住む都内のマンションを訪問。ラフな姿の進次郎氏と、そんな進次郎氏に寄り添って歩くお腹が大きな滝川の2ショットをキャッチした。 現在、進次郎氏は結婚前から継続して、東京・赤坂の議員宿舎に住んでいる。3LDKで家賃約13万8000円という物件で、同エリア同レベル物件の家賃相場が60万円ということを考えると、かなりの安さだ。 しかし、進次郎氏は滝川が独身時代から住んでいる都内のマンションに帰宅することが多く、純一郎氏に会いに行ったこの日も、夫婦2人で滝川のマンションに帰っていった。 ちなみに、議員宿舎には、『東京23区内に住居を所有する議員は入居できない』というルールがあり、進次郎氏の二重生活はルール違反の疑いもある。しかしながら、滝川のマンションは議員本人の住居ではなく、あくまでも配偶者が所有する住居であるため、衆議院事務局広報課によると本ケースは「違反とは言えない」という。
2019.11.14 15:55
NEWSポストセブン
いよいよ逆襲開始か(時事通信フォト)
安倍派vs菅派 菅氏が政権離脱ならダメージ被るのは安倍氏
 安倍政権の閣僚が2人相次いで辞任に追い込まれた。菅原一秀・前経産相と河井克行・前法務相だ。こうしたスキャンダルのほかにも、小泉進次郎・環境相は妻・滝川クリステル氏の資産公開が炎上し、河野太郎・防衛相は「雨男」発言で謝罪に追い込まれるなど、菅義偉・官房長官に近い政治家が狙い撃ちされてきた。 いまや自民党内は議員らが会合を持つたびに「次は誰か」が話題の中心になる。 そんななか、11月初旬のある会合で、自民党の派閥領袖クラスの有力議員が親しい議員にこう囁いた。「いよいよ菅さんの逆襲が始まるらしい。今度は安倍首相側近のものすごいスキャンダルが表に出る」 旗色が悪く見えるとはいえ、菅氏は官房長官として足かけ7年間、政権の危機管理を担当して内閣情報調査室をはじめ各省庁の情報を一手に握ってきた。当然、閣僚候補の議員たちに対する“身体検査”の報告も受けている。 安倍首相も菅サイドの出方に疑心暗鬼になっている。衆院予算員会(11月6日)で「これ以上の大臣辞任はないか?」と質問されると、「1人であればいい、2人であればいい、3人ではだめということではなくて……」と曖昧な答弁に終始し、“次はこっちに矢が飛んでくるかもしれない”との不安を隠せない様子だった。 安倍vs菅、両陣営のスキャンダルの刺し合いがさらにエスカレートすればどうなるか。政治評論家の有馬晴海氏が指摘する。「菅官房長官はこれまで安倍政権の手綱を引き締め、取り回してきた。アベノミクスの成長戦略から、カジノ解禁、外国人労働者の受け入れ拡大など政権の柱となる政策も主導したのは菅さんです。2人が決別し、もし菅さんが政権を離れるようなことになれば、政権は空洞化し、一番ダメージを受けるのは安倍首相自身でしょう」 安倍首相は11月20日に首相在任期間が桂太郎氏を抜いて憲政史上最長となる。しかし、その超長期政権の屋台骨は大きくぐらついている。※週刊ポスト2019年11月22日号
2019.11.12 16:00
週刊ポスト

トピックス

2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
(写真/村山康文)
【現地レポート】ベトナム戦争中の民間人殺害事件で新証言「韓国軍は味方側の村を焼き払った」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
安倍晋三元首相の国葬が行われた日本武道館[代表撮影](時事通信フォト)
安倍元首相の国葬前にも「自粛」通達 暴力団が国家的な行事に「協力」する狙い
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン