芸能

最新芸能記事のRSS

木梨憲武 反抗期の息子に「面白くない」と言われムキになる

2012.06.15 07:00

 1994年に結婚して以来、“おしどり夫婦”といわれてきた、とんねるずの木梨憲武(50才)と安田成美(45才)。長男(16才)、次男(13才)、長女(9才)と3人の子供にも恵まれ、幸せな家族そのもののように思われていたが、この春ごろから木梨

 1994年に結婚して以来、“おしどり夫婦”といわれてきた、とんねるずの木梨憲武(50才)と安田成美(45才)。長男(16才)、次男(13才)、長女(9才)と3人の子供にも恵まれ、幸せな家族そのもののように思われていたが、この春ごろから木梨は、都内の高級ホテルと長期滞在契約をして、そこで一人暮らしをしているという。

 安田が2010年にNHKの連続テレビ小説『てっぱん』で主人公の母親役を演じて女優業に本格復帰してから、夫婦はもとより、家族のぎくしゃくが始まったという。

 最近も安田は、6月30日放送のドラマ『一休さん』(フジテレビ系)で、主役の鈴木福くん(7才)演じる一休さんの母親役として出演が決まるなどコンスタントに仕事をこなしている。一方、木梨のレギュラー番組は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)だけとなり、安田に代わって家にいる時間が増えてきた。それが思わぬ火種を生んでいたのだ。

「長男と次男が反抗期になってしまったそうで、憲武さんがどんなに冗談をいっても“はい! それ面白くない!”といったり、父親を相手にしなくなっちゃったんです。長男はほとんど話さないこともあって、憲武さんが“構ってよ~”といっても、“シーン”って感じになるそうで…」(夫妻の知人)

 そんな息子たちに木梨は本気で怒り出し、几帳面な長男の部屋に押し入り「メチャメチャにしてやるぞ~」といって暴れ回ろうとする。しかし、長男のほうが力が強くガーっと部屋から押し出されてしまうのだという。

 そんな感じだから、次男に対しては強気に出て、反抗しようものなら「お前だけは許さない」とムキになる。そして頭ごなしにいわれる次男のほうは、木梨に対してさらに反発心を強くしていくのだそう。

「成美さんにしてみれば、そんな父親としての憲武さんを見るのは我慢できないんじゃないですか? “それは親の態度じゃない”とか“そんなだから、子供を怒るポイントもずれる”って憲武さんを叱るんですって。彼女には家事に加え、仕事の台本読みもある。夫が子供と一緒になればなるほど余計ないさかいも起きるので、ホテル暮らしを許すことになったんでしょう」(前出・夫妻の知人)

※女性セブン2012年6月28日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP