芸能

矢口真里の不倫はナシで広末涼子はアリ 複雑な女心示す意見

『女性セブン』(3月13日号)がスクープした広末涼子(33)と佐藤健(24)の不倫。広末といえば、肉食女子の代表格。伊勢谷友介(37)、金子賢(37)、永井大(35)といったイケメンたちと浮名を流し、2003年にモデルの岡沢高宏(38)と結婚、長男を出産後、2008年に離婚。2010年に現在の夫であるキャンドル・ジュン氏(40)と“できちゃった”再婚をした。

「恋多き女で知られた彼女ですが、最近は二児の母として落ち着いた役どころも多く、いい母イメージが定着しつつあった。そんな中での不倫。相手にも驚かされました」(ある芸能ジャーナリスト)

 お相手の佐藤も負けていない。“世界の美女100人”にも名を連ねた石原さとみ(27)との濃厚キス、AKB48を卒業した前田敦子(22)との泥酔デートをはじめ、芸能界一のモテ男としても知られる。

 この不倫劇に矢口真里騒動を思い出す人もいるだろう。広末の場合も女性たちからはさぞ非難囂々と思いきや、特に主婦から「うらやましい」という声が多く聞かれるというのだ。「自宅に呼んだわけじゃないし、婚外恋愛は悪くない」「子供がいるのに女の魅力も維持できるなんて」「9歳年下はもはやアッパレ」と驚くべき意見が。

 矢口の不倫はナシで広末はアリ──女心はなんとも複雑である。

※週刊ポスト2014年3月14日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン