芸能

ダルの交際に衝撃の古閑美保 ツイッターにネガティブ発言連発

 11月18日ダルビッシュ有投手(28才)が自身のツイッターにツーショット写真をアップして、堂々と交際宣言をした。紗栄子(28才)との離婚から2年。初めて彼から恋人を明かしたこととなる。フジテレビアナウンサー加藤綾子(29才)、元プロゴルファーの古閑美保(32才)などとの交際報道が流れていたが、そのお相手はレスリング元日本代表の山本聖子(34才)だった。ちなみに、山本聖子は10月に離婚が成立しバツイチになった。7才の子供の母親でもある。

 この6月、ダルがアメリカ・ダラスに購入した4億円豪邸が話題になった。玄関の高さは12mの吹き抜けで、ベッドルーム6つに、ガレージも4つ。おまけにキャッチボールができる広い庭つき。とても1人で住む広さではない。この時はもちろん“ダルの女”として聖子の名前は上がっていなかったため、一気にカトパン(加藤綾子)との結婚説が浮上した。

「気づいたら、こう(仰向け)でした」

 11月17日、『めざまし』を途中退席した時のことをそう明かしたカトパン。そのカトパンより、はるかにショックを受けているのが古閑だった。

「彼女は20代の後半をほとんどダルに捧げていましたからね…。彼がいろんな女の人と噂になっても“最後に自分のところに帰ってきてくれるならそれでいい”“彼のDNAが欲しい”ってそれはもう心底惚れ込んでいました。

 一緒にトレーニングをして、食事の管理ができるのも、同じアスリートだからこそ。それは紗栄子さんにはやれなかったことで、自分にしかできないって自負があったと思いますよ」(ゴルフ関係者)

 古閑は超恋愛体質で、恋バナをするのが大好きだったが、ダルが嫌がるからとおしゃべりを封印。彼との熱愛が報じられた直後、プロゴルファーとして現役を引退した。一方で栄養学の勉強を本格的に始め、ダルと外食する時は、彼に代わって食事をオーダーするほどだった。

 それだけに古閑はひどく落ち込んでいる。冒頭の夜の翌日から、古閑のツイッターはネガティブ発言であふれている。

《その人なりにそれぞれなりに立場や環境があるので。。。私は私なりにやっぱテンション↓》

《こうなったらとことんマイナスネガティヴTweetしてやる!》

 それでも気持ちがおさまることなく、ダルから再婚報告を受けた翌29日、とうとう韓国へ逃げ出した。

《全身に鍼をいっぱい打ちました(≧∇≦)in韓国》

 急に思い立ったためか、わずか1泊で帰国。しかし、気持ちを持ち直すことはできない様子で、10月30日のツイートにはこうあった。

《もうあたし頑張れない(T^T)》

 さらに11月4日、『バイキング』(フジテレビ系)にゲスト出演した彼女は、失恋トークをぶちまけた。

「恋愛してましたけど、もうしなくていい。悲しかった出来事だらけだったから! 私なんか基本的に失恋しかしてないから」

「“結婚”というフレーズに吐き気がする」

 今年こそ、今年こそ、と思いながら気づけば32才。この2年は、結婚に王手がかかっていたはずなのに、彼はアッサリ去ってしまった。しかも“子連れ再婚”というトッピングつき。どうして私じゃダメだったの…自問自答は尽きることがないはずだ。

※女性セブン2014年12月4日号

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン